ここから本文です

迫力の全集中……! 舞台「鬼滅の刃」、炭治郎や禰豆子らのカット複数公開 キャスト新コメントも

1/18(土) 17:17配信

ねとらぼ

 舞台「鬼滅の刃」の公演が1月18日に天王洲・銀河劇場で開幕。併せて、舞台写真が公開されました。

【画像】他舞台カット(10枚)

 吾峠呼世晴さんによる漫画『鬼滅の刃』(集英社)は、シリーズ累計発行部数2500万部を突破している人気作品。2019年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の制作と2020年中の公開も発表されています。

 舞台写真では、竈門炭治郎を演じる小林亮太さんや竈門禰豆子(「禰」はしめすへん)を演じる高石あかりさん(高ははしごだか)らが迫力満点な姿を披露。併せて、脚本・演出の末満健一さん、小林さん、鬼舞辻無惨役(辻は「一点しんにょう」)の佐々木喜英さんのコメントも発表されています。

スタッフ・キャストコメント

脚本・演出:末満健一
稽古中は「これをどう表現すればよいのか?」と難問の連続でした。
竈門炭治郎の戦いは、そのまま座組の戦いでもありました。
全てのピースが出そろい、通し稽古を重ねるにつれて、「早くこの作品をお客さんにお届けしたい」という思いが募るばかりでした。
舞台「鬼滅の刃」、小林亮太座長率いる座組の熱量とともに、ようやくお届けできることをうれしく思います。

竈門炭治郎役:小林亮太
この物語の中で生きる人たちが死と隣り合わせにあるように、一人一人が抱く思いを果たそうと必死に闘っています。
舞台「鬼滅の刃」ならではの生々しく力強さのある世界を。
劇場へお越しくださる皆さんの愛も合わせて、ひとつの作品に。
頑張れ炭治郎頑張れ!! 座組み一丸、己を鼓舞して。応援よろしくお願いいたします。

鬼舞辻無惨役(「辻」は一点しんにょう):佐々木喜英
今回登場する鬼舞辻無惨は「氷山の一角」だと思っています。
長い戦いの序章となる今回の舞台では、ベールに包まれながらも垣間見える底知れない彼の恐ろしさを、要所要所で皆さまに感じていただければうれしいです。
舞台「鬼滅の刃」を、末永く応援のほどよろしくお願いします。

 同公演は1月26日まで続いた後に場所を変え、神戸・AiiA 2.5 Theater Kobeにて1月31日~2月2日の日程で行われます。

ねとらぼ

最終更新:1/18(土) 17:17
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ