ここから本文です

阪神・北川コーチ 気持ち新た「生かしてもらっていることに感謝」ルーキーイヤーに被災

1/18(土) 9:00配信

デイリースポーツ

 阪神・北川博敏2軍打撃コーチ(47)が17日、鳴尾浜で阪神・淡路大震災当時を振り返り「生かしてもらっていることに感謝です」と語った。

 当時は新人で虎風荘に入寮したばかり。断水の状況が続いたが「武庫川より先(大阪方面)は普通の生活ができていて、尼崎に住む寮のおばちゃんが食事を持って来てくれて恵まれていた」と周りの人への感謝は忘れられないという。

 この日を迎え「好きなことをして好きなように生きられることは本当に幸せなことですよね」と実感をこめる。「ファンに野球を見せられる幸せが今ある。良いところを見せて感動を与えていきたい」。そのためにも、05年以来のリーグV、85年以来の日本一を目指すチームのバックアップに力を注いでいく。

最終更新:1/18(土) 10:04
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事