ここから本文です

「オルジャスの白い馬」森山未來が追求したリアリティとは

1/18(土) 13:36配信

映画ナタリー

「オルジャスの白い馬」の初日舞台挨拶が本日1月18日に東京・新宿シネマカリテで行われ、キャストの森山未來、監督の竹葉リサが登壇した。

【動画】「オルジャスの白い馬」予告編(メディアギャラリー他9件)

日本とカザフスタンの合作映画である本作の舞台は、カザフスの大草原。父を亡くした少年オルジャスと、彼の前に現れた不器用で正義感の強い男カイラートのふれあいが描かれる。海外映画初主演となる森山がカイラートを演じた。

竹葉は森山のキャスティング理由について「もともとお芝居の芸術性が高い方だと思っていたんです。それにカザフスでの撮影は過酷。イスラエルに留学経験があって、乗馬もできる森山さんしかいないと思いました」と説明する。本作の撮影で初めてカザフスタンを訪れたという森山は「原風景を見ているような感覚になりました。過酷な場所ではありましたが、撮影期間は宝物のような時間。自然の中で生かされているんだなって」と回想し、「現地のスタッフはエネルギッシュで柔軟な人たちばかり。みんなと仲良くなったのでいつでも帰りたいですね」と笑みをこぼした。また編集の段階でかなりのシーンがカットされていることを明かし「それによってもっと普遍的な見方ができるようになりました。神話を見ているような。ストーリーも重要ですがもっと大きなものを切り取ろうとしている作品。大地に溶けるような」と感想を述べる。

「オリンピックに“俳優”という競技があったら間違いなく森山さんが金メダルを獲ってる!」と力説する竹葉。その理由を「撮影直前に大幅にセリフが変わることが頻繁にあったんです。でもそれをすぐに覚えて、馬をコントロールして。かなり難易度が高いことをやってしまうんです」と話し、「スタントに頼もうとしても森山さんがリアリティを追求するので、点にしか見えないようなシーンでもご本人が演じてます」と続ける。それを受けた森山は「現地の馬は草原を走ることに慣れているので走りが荒い! 一度走り始めたら止まらないんです。馬追いは不可能でした」と苦笑しつつ述懐した。

最後に森山は「この映画に関わることができて光栄です。多くの人と中央アジアの風を共有できれば」と思いを口にする。竹葉は共同で監督と脚本を担当しているエルラン・ヌルムハンベトフに触れながら「彼と出会ってから365日、毎日この企画を通すことだけを考えていました。森山さんという素晴らしい俳優さんが出演してくださって、カザフスタンで生きるひたむきな家族を作品の中に見事に描写してくれました。この日を迎えられたことを本当にうれしく思います」と感慨をにじませた。

「オルジャスの白い馬」は全国で公開中。



(c)「オルジャスの白い馬」製作委員会

最終更新:1/18(土) 13:36
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ