ここから本文です

7人制合流の福岡堅樹がトライ パナソニックは逆転で開幕2連勝

1/18(土) 15:22配信

デイリースポーツ

 「ラグビー・トップリーグ、トヨタ自動車20-40パナソニック」(18日、豊田スタジアム)

 パナソニックが逆転で開幕2連勝とした。終盤には、東京五輪出場を目指し、7人制日本代表への合流が発表されたWTB福岡堅樹がトヨタ自動車を突き放すトライを奪った。

 前半を7-13とリードされて終えたパナソニックは、後半に5トライを挙げ逆転に成功した。福岡も後半37分にトライをマークした。

 35-20と勝負を決定づけた状況で、後半40分が経過後にワンカイナベテがトライを決めてトライ数を6-3とした。これにより、開幕戦に続き、ボーナスポイントを含めた勝ち点5を獲得した。

 福岡は昨年、日本で開催されたW杯の代表で、トライゲッターとして活躍。アイルランド、スコットランドといった強豪からトライを奪い勝利に貢献した。W杯後は東京五輪種目である7人制(セブンズ)ラグビーでの五輪出場を目指すことを公言しており、17日に7人制日本代表の合宿合流が発表されていた。

 合宿は24日から埼玉・熊谷で行われる。

最終更新:1/18(土) 19:10
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ