ここから本文です

STU48、新キャプテンに今村美月 岡田奈々はバトンタッチも兼任継続

1/18(土) 12:58配信

オリコン

 瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ・STU48が18日、都内のTOKYO DOME CITY HALLLで『STU48選抜コンサート~東京には染まらないで帰ります。~』を開催した。現キャプテンの岡田奈々(AKB48兼任)は結成3周年を前にキャプテンをバトンタッチすることを発表。新キャプテンに今村美月、初めて置かれる副キャプテンに福田朱里を任命。岡田は「この2人にバトンを受け渡しますが、私はこれからも兼任を続けさせていただきます」と宣言すると割れんばかりの大歓声があがった。

【ライブ写真】『STU48選抜コンサート~東京には染まらないで帰ります。~』の模様

 キャプテンに指名された今村は「私はみんなをまとめたりする性格でもなかったりしますが、奈々さんから選んでいただいたので、自分らしく、大好きなSTU48をもっともっとすてきなグループにして行けるように頑張ります」と意気込み。福田も「奈々さんに副キャプテンに任命していただいて、はじめは驚いたり不安になったりしたんですが、キャプテンのみちゅ(今村)を支えられるように頑張ります」と語った。

 メンバーもファンも岡田が兼任解除となることを覚悟していたが、岡田の継続宣言にメンバーはガッツポーズをし、飛び跳ねて大喜び。センターの瀧野由美子が「奈々さんいなくなるのかと思った…」と泣き出すと、岡田は瀧野を抱きしめ、頭をなでながら「こんな状態でおいていけないよ。みんなのこと守るからね」と宣言し、会場は大歓声に包まれた。

 午前10時に開演したコンサートの冒頭は、29日発売の4thシングル「無謀な夢は覚めることがない」をライブ初披露。Foorinの「パプリカ」などを手がけたことで知られる世界的ダンサー・辻本知彦氏が振付をした群舞を披露し、一気に会場の熱気を上昇させた。

 ユニット曲パートに続き、ソロパフォーマンスコーナーも。ダンスと表現力に定評のある門脇実優菜は「(瀬戸内に)旅をしてまでも来たくなる三ツ星のパフォーマーになりたいです。足の先から指の先までしっかり見てほしいです。私の剛と柔を表現します」と言って「UZA」を、アイドル性の高い岩田陽菜は「7歳のころにAKB48さんにハマって、ずっとあこがれていました。私がファンだったからこそ学習できたかわいさ100点満点の岩田陽菜をお届けしたいと思いますと紹介し「天使のしっぽ」を、高校生になってぐっと大人っぽくなった甲斐心愛は「元気さを封印して私の成長した姿をみなさんの目に焼き付けてほしいと思います」と話し「FIRST LOVE」でそれぞれの魅力を発揮した。

 続けて、2歳からクラシックバレエを習っていたという中村舞は「今の私を思い切り表現したいと思います。皆さんの心に何か届いたらうれしいです」と語りかけ、大谷満理奈と沖侑果の歌唱した「孤独なバレリーナ」で優雅に軽やかに舞い、ダンスが得意な今村美月は「野蛮な今村を目に焼き付けて」と前フリして「野蛮な求愛」をキレキレに踊り、バラード「瀬戸内の声」では瀧野由美子のサックスが響き渡った。

 ラストは新キャプテンの今村の掛け声で手つなぎあいさつをし、約2時間20分にわたって全27曲を披露したライブを締めくくった。

1/2ページ

最終更新:1/20(月) 10:32
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ