ここから本文です

NGT48、1年9ヶ月ぶり単独コンサートにおぎゆか涙ぐむ 冒頭は異例の15分映像

1/18(土) 16:44配信

オリコン

 新潟を拠点とするアイドルグループ・NGT48が18日、都内のTOKYO DOME CITY HALLLで『NGT48選抜メンバーコンサート~TDC選抜、合宿にて決定。初めての経験~』を開催した。NGT48の単独コンサートは昨年4月以来1年9ヶ月ぶり。選抜メンバー16人選考にあたっては1期生と研究生計30人が参加した「TDCコンサート選抜選考合宿オーディション」で決め、冒頭は異例の15分にわたって合宿映像を流すスタートとなった。

【写真】涙をこらえながらあいさつする荻野由佳

 オープニングで大型モニターに「NGT48は岐路に立っている」の文字が映し出されると、そのまま昨年12月に行われた合宿の映像が流れ始めた。早川麻依子劇場支配人がメンバーを前に、コンサートに出演する選抜メンバー16人を1期生、研究生も公平に、合宿オーディションで決定することを告げた。

 講師としてボイストレーナーの菅井秀憲氏、ダンサーのIPPEI氏を招き、愛ある厳しい指導や、ふがいない自分に涙するメンバーも。選考過程の映像を15分にわたって流すと、審査を経て選ばれたメンバーが登場。本間日陽の「NGT48、単独コンサートいくぞー!」の掛け声一発、中井りか、荻野由佳のセンター経験者をはじめ16人が笑顔を弾けさせた。

 6曲を終えたところでメンバーがあいさつ。荻野は胸に手を当てながら「こうしてコンサートにNGT48単独で出演させていただけること本当にうれしいなと思います。今日ステージに立てなかったメンバーの分まで精一杯頑張らせてください」と涙をこらえながら会場に呼びかけた。

 終盤には再び合宿映像が流れ、続いてその成果を見せることに。ダンス課題曲「UZA」の気迫のこもったダンス、歌唱課題曲「MAXとき315号」はダンスを封印し、金銀の紙吹雪が舞うなか、気持ちを込めて歌い上げ、割れんばかりの拍手が送られた。

 最後に本間が中井にコメントを求めると、“炎上”を心配したファンがざわめいた。中井はそんなファンをいじりつつ、「きょうここにいらっしゃる皆さん、新体感ライブでみてくださっている方々、たくさんのファンの方々がいてくださったから、こうやってここに立つことができたのかなと思います」とファンに感謝。

 合宿で真剣に競い合ったことにより「本当の意味でちゃんとした仲間にやっと巡り会えたというか、メンバーと一緒に活動してきてよかったなと思う瞬間が増えた」と続けると「久しぶりにまじめなこと言った」と照れ隠し。メンバーは「だから雪が降ったんだよ」とツッコミを入れ、和やかに久々の単独ライブを終えた。

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 12:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ