ここから本文です

全国で北風強まる 関東は雨や雪 峠は積雪・凍結注意

1/18(土) 7:35配信

tenki.jp

きょう18日は全国的に冷たい風が強まる。防寒を万全に。関東は昼前まで雨や雪。東京23区を含め、平地で雪が積もる可能性はかなり小さくなったものの、峠は積雪・凍結に十分注意。

関東甲信に雨雲や雪雲 峠は雪道

きょう18日朝、低気圧に伴う雨雲や雪雲が関東甲信地方を通過中。きのうまでの予想よりも、雨や雪のエリアは狭く、降り方も弱い状況です。昼前にかけても雨や雪が降ったりやんだりですが、降り方が強まることはなく、東京23区を含め、平地では雪の積もる所はほとんどないでしょう。
ただ、午前7時現在、山梨県河口湖で1センチの積雪を観測しており、富士五湖周辺の道路では冬用タイヤが必要な状況になっています。富士五湖周辺から奥多摩方面、丹沢や箱根方面では、今後数時間雪が続きそうです。この方面へ向かう車は冬装備をしたうえ、いつも以上に慎重な運転を心がけてください。なお、雪のやむ午後も気温がなかなか上がらず、しばらく路面が凍結したままとなりそうです。
また、神奈川県西部では、山に近い平地でも、場所によっては路面がシャーベット状態になる可能性があります。お出かけの方はヒールなどは避けて、底に凹凸のある靴を履くとよさそうです。

全国的に風が冷たい 所々でにわか雨やにわか雪

関東沖にある低気圧は、次第に日本の東へ離れつつ、発達します。このため、きょうは全国的に北または西よりの風が強まってくるでしょう。この風に乗って、日本海から雨雲や雪雲が流れ込んできます。九州北部や山陰から北陸にかけて、午後は所々でにわか雨があるでしょう。降り方は弱い見込みですが、雨具を持っておくと安心です。山沿いでは雪になる所もあるでしょう。
なお、最高気温は、きのうより低い所が多く、風の冷たさが加わって体感温度はさらに下がりそうです。暖かい服装を心がけてください。

日本気象協会 本社 戸田 よしか

最終更新:1/18(土) 7:35
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事