ここから本文です

「堺さんにもしものことがあったら後釜に…」高橋克典、バラエティーMC修業に意欲

1/18(土) 0:26配信

中日スポーツ

大手芸能事務所「ケイダッシュ」グループの新年会が17日、東京都港区のゼックス愛宕グリーンヒルズで開かれた。所属タレントが多数出席する中、堺正章(73)、高橋克典(55)、渡辺謙(60)の3人が取材に応じ、新年の抱負を語った。

【写真】脚を滑らせて転倒したイノセントリリーの崎川みずき

 渡辺は「前半戦が今年のヤマです。今年の正月は4月20日、パルコ劇場(東京・渋谷)の千秋楽と決めて突っ走っていきたい」と言葉に力を込めた。同所で3月13日、主演舞台「ピサロ」が初日の幕を開ける。

 年が明け、2日からトレーニングを始めたという。昨年11月に東京都内で開いた還暦記念パーティーで出席者に紹介したパートナーが全面支援してくれているという。一部報道によると、お相手は21歳年下の一般人女性。渡辺は「この舞台に関しても、トレーニングや食事、体調管理などで協力してもらっています。そうやってこれからも(関係を)続けていきたい」と明かした上で、結婚については「今はそういう感じではない」と否定した。

 バラエティー番組のMCとして「説得力をつけていきたい」と目標を掲げた堺の横で、高橋は「堺さんにもしものことがあったら、MCの後釜になれるよう、修業を積みたい」と宣言したが、渡辺から「ハードル高いよ~」とけん制されていた。

最終更新:1/18(土) 0:26
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ