ここから本文です

『リチャード・ジュエル』正義を安易に信じるな。90歳になるクリント・イーストウッドが映画に込めたもの

1/18(土) 7:02配信

CINEMORE

 2020年5月で90歳になるクリント・イーストウッドは、マーティン・スコセッシ(現在77歳)よりもひと回り年上。にもかかわらず、2000年代に入ってほぼ毎年1本、時には2本のハイペースで新作を発表しているのは驚異的だ。長寿の秘訣は瞑想とヴィーガン食だというが、他にも何か秘密がありそうな気がする。

爆弾テロの第一通報者が第一容疑者になったわけ

 さて、そんなイーストウッドの監督最新作『リチャード・ジュエル』は、アトランタ・オリンピック開催中の公園で起きた、爆破テロ事件を描く実録ドラマだ。主人公の警備員リチャード・ジュエルは、公園内のベンチ下にセットされたパイプ爆弾をいち早く発見、被害を最小限に食い止めたことから一躍英雄となる。ところが、FBIがジュエルに疑惑の目を向けていることをメディアが実名で報道、一転、彼は第一容疑者のレッテルを貼られてしまう。

 現代社会に於けるメディア・リンチ(犯罪事件等で、メディアが庶民感情を煽る形で被害者や加害者のプライバシーを一方的に垂れ流すこと)の深い闇が、個人を奈落の底に突き落とす構図は、『ハドソン川の奇跡』(16)と共通するし、同じく、実在する市井のヒーローを描いたという意味では、『15時17分、パリ行き』(17)ともリンクする。

FBIは科学的根拠のないプロファイリングを信じた

 それにしても、ジュエルはなぜ、第一発見者から第一容疑者になったのか?そこが本作の鍵でもある。ことの発端は、ジュエルがかつて警備員として勤務していた大学の学長が、TVインタビューを受けるジュエルを見て、FBIに通報したことに始まる。大学に勤務していた時のジュエルが、学内の問題点に過剰に反応する行動をよく取っていたことを学長は思い出し、ジュエルに爆弾設置の可能性があることを指摘したのだ。つまり、勝手な憶測である。

 そこに素早く反応したFBIは、憶測を正統化するためにプロファイリングを強引に適応する。プロファイリングとは、犯罪捜査に於いて、犯罪の性質や特徴から”こういう犯罪の犯人はこういう人が多い”という結果を割り出す統計学である。そこに何ら科学的根拠はない。

 法執行官への憧れからくる過剰な正義感、ヒーローになりたい願望、それ故に常時抱え込む孤独、独身、白人、さらに、マザコン(息子の無実を信じる母親のボビをキャシー・ベイツが好演)、肥満、等々のジュエルのデータが、”テロの犯人像”というプロファイルと合致したのだ。

 映画ではこの重要な部分を、ジョン・ハム演じるFBI捜査官トム・ショウの素早い台詞でカバーするだけなので、注意してみて欲しい。因みに、南カリフォルニアで発生した山火事で、自ら火を放った直後、消火して英雄となった消防士のケースや、ロサンゼルス・オリンピック開催中にバスに爆弾を設置し、直後に発見してヒーローとなった警備員のケースなども、ジュエルの場合と関連づけられる。

1/3ページ

最終更新:1/18(土) 7:02
CINEMORE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事