ここから本文です

日本は新しい「階級社会」を迎える? 米英の背中を追わないために必要なこと

1/18(土) 9:00配信

ハフポスト日本版

今、世界のあちこちで、これまでの社会科学では明らかに捉えられない動き、見えない人々の感情が溢れている。

例えば、「なぜポピュリズムを支持する層が世界各国で広がっているのか?」という問い。

これは、これまでの社会科学のアプローチでは、明確な答えを出すことができないものだ。

このような背景からだろう、ここ数年、社会科学の領域では「分析ツールの見直し」の動きが広がっている。

どうすれば、もう一度、社会を捉えることができるのか。

本稿では、ブレグジットに揺れたイギリス、トランプ政権を現在進行形で経験するアメリカにおける興味深い研究を紹介したい。

キーワードは「階級」。いずれも日本の未来像を示唆するものだ。

日本はイギリスの10年後ろを追っている?

2019年夏にイギリスで生活するライター、ブレイディみかこのインタビューをしたときことだ。彼女ははっきりとした口調でこんなことを言っていた。

《日本は良くも悪くもイギリスを追っていると私は思っています。日本もイギリスと同じような階級問題が起きているのではないかな。

だからこそ、今、書かないといけないと思っています。日本では虐待のニュースが大きく報じられますよね。これはイギリスも同じで、10年くらい前に大きく報じられました。

ところが、虐待に関する報道があるときから少なくなったんですね。それは虐待が減ったからではなく、ありふれてしまいニュースバリューを失ったからです。背景には格差があって、虐待と貧困は関連しています。このままでは、日本はそうなっていくと思いますよ。》

ホワイトカラーVSブルーカラー、はもう古い。

古くて新しい、階級という問題がまた蘇りつつある。社会学者のマイケル・サヴィジによる『7つの階級 英国階級調査報告』(東洋経済、2019年)は、従来の階級分類に異議を唱える。

彼によれば、ホワイトカラー/ブルーカラー、中流/労働者という分類はすでに過去のものになっている。

サヴィジは社会調査に基づいて階級を「エリート」「確立した中流」「技術系中流」「新富裕労働者」「伝統的労働者」「新興サービス労働者」「プレカリアート(不安定な雇用を強いられた人々)」の7つに分類する。ここでのポイントは、単純に金持ちかどうかで階級を決めていないということだ。

彼は社会学者らしく、資本を単純な所得の過多だけでは捉えない。お金や不動産は経済資本、美術館やコンサート(クラシックだけでなくロックなども含む)に行くといった文化資本、いろんな人とつながりを示す社会関係資本を調べている。

1/3ページ

最終更新:1/18(土) 9:00
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ