ここから本文です

【#実名報道】「あるがままの生」認め合う社会へ 公表された「美帆」という「生きた証し」

1/18(土) 10:03配信

カナロコ by 神奈川新聞

 わたしたちメディアはなぜ、犠牲者の実名報道にこだわるのか。「生きた証し」を伝え、事件を社会全体で共有するため―。重度障害者19人が刺殺されたやまゆり園事件でも、クリエーター36人が放火で殺害された京都アニメーション事件でも、そう主張されてきた。それは、命は等価であり、あるがままに尊いという通説によって立つ。やまゆり園事件の遺族は当初、障害者差別が潜在する現実を告発し、その通説自体を揺さぶり、そして匿名化を望んだ。19人の呼称に「甲」とA~Sのアルファベットが割り当てられて始まった事件の公判。前夜、一人の遺族が3年半の沈黙を破り、「甲A」とされた末娘(当時19)の名前と顔写真の公表に踏み切った。一生懸命生きていた「美帆」の証しを残したい、と。その決断は、命に優劣をつける被告の偏見、さらにはこの国のありようを克服するためでもあった。読者とともに考えたい。生きた証しとは、実名とは、何だろう。(神奈川新聞報道部)

【写真・記事まとめ】やまゆり園事件考~相模原障害者殺傷

繰り返す「あなた」の挿話 減じる参列者

 追悼とは、「遺影と名前に向かって祈るもの」と、神奈川県知事の黒岩祐治は考える。死者にも尊厳はあるから。

 県主催の追悼式が巡り来る毎夏、黒岩はその信念と現実との落差を突きつけられている。県職員が家族会と園の運営側に遺族の意向を確認するたび、実名による追悼は容易でないと思い知らされる。

 県は事件当初から、19人の実名を把握していた。匿名による対応を決めたのは、犠牲者の知的障害を理由に「遺族のプライバシー保護の必要性が極めて高い」と判断した県警と「歩調を合わせる」(保健福祉局)ためだった。

 黒岩は「障害者だから実名で追悼できないというのは違和感を覚える」とはがゆそうだが、「遺族の反対を押し切ってまで、実名は公表できない」と折り合ってきた。

 実名を匿いながら、しかし、19人の個性を尊重し、それぞれの死を悼むにはどうすればいいのか。県は腐心する。園職員に犠牲者の人柄について聴き取りを重ね、2017年7月の追悼式で試みたのが、生前のエピソードを紹介する次善策だった。呼称は無機質な記号でなく、「あなた」とした。

 祭壇に語り掛けるように、黒岩は670人の参列者に披露した。「寒い冬のラーメンを楽しみにしていた、あなた」「お天気が良い日の日なたぼっこが好きだった、あなた」

 以降、2回の追悼式。読み上げられたエピソードは一語一句、全く同じだった。昨夏は、入所者が19人をしのんで描いた絵を飾り、かろうじて既視感を払拭できた。今夏は未定だ。県職員は葛藤する。「本当は実名で追悼したい。事件を風化させないためにも」

1/5ページ

最終更新:1/18(土) 12:31
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ