ここから本文です

Jリーグは大丈夫? 万能ではないVAR運用の「リアル」と「審判員の本音」

1/18(土) 18:02配信

REAL SPORTS

2020シーズンよりJ1リーグ全試合を含めた321試合での運用が決まっている、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)。昨シーズン誤審が相次いだことで1年前倒しでの導入が決まった経緯がある。だがタイで開催されているAFC U-23選手権の日本代表とカタール代表の試合でVARによる不可解な判定が下された事案があったように、導入への不安は少なからず残る。

Jリーグでは実際どのようにオペレーションすることになり、開幕に向けてどんな準備をしているのだろうか? 昨年末に実施された公開トレーニングから、「VARのリアル」を紐解きたい。

(取材・文・撮影=藤江直人)

『APP Start』と『Reset』、VARの基本となる2つの言葉

照明が落とされた狭い室内は90分間を通して、2種類の英語が頻繁に飛び交う空間と化していた。一つは『APP Start』であり、もう一つは『Reset』となる。2月に幕を開ける2020シーズンのJ1で導入されることが決まっている、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が声の主だ。

予定を1年前倒ししてのスタートを目前に控えて、日本サッカー協会(JFA)の審判委員会およびJリーグによる準備が大詰めを迎えていた昨年末。全日本大学サッカー連盟の新人戦で特別にVARを実施し、ライセンス取得へ向けて積まれているトレーニングがメディアに公開された。

ピッチから離れた場所に設けられたビデオ・オペレーター・ルーム(VOR)内にメディアが入り、実際の試合中に何度も繰り広げられた、VARとピッチ上の主審とのやり取りを見聞きすることができた初めての機会。そこで頻繁に耳に飛び込んできたのが『APP Start』と『Reset』だった。

それぞれの英語が何を意味しているのかを説明する前に、VARシステムの仕組みを知っておきたい。VOR内に入るのはVARとアシスタント・ビデオ・アシスタント・レフェリー(AVAR)、そしてリプレー・オペレーター(RO)の3人に、全体をチェックするオブザーバー1人が加わる場合もある。

VARを中心に左にAVAR、右にROが座っている目の前には4台のモニターが設置されていた。そのうち2つはライブ映像が、残る2つには3秒遅れの映像がそれぞれ映し出されている。

より詳しく描写すれば、VARの前には上段にライブ映像を、下段には3秒遅れの映像を流すモニターが置かれている。そしてAVARの前にはライブ映像を、ROの前には3秒遅れの映像を流すモニターが設置され、それぞれの映像はピッチ周辺に置かれた8台のカメラを介して届けられていた。

余談になるが、実際にJリーグが開幕した後はAVARとROの前の上段にもさらにモニターを追加。DAZN(ダ・ゾーン)の中継映像をオンエアし、ピッチ周辺に置かれるカメラも12台に増やす。

話を公開トレーニングへ戻せば、試合を通じてVARとAVARはライブ映像を注視する。それぞれの前には赤色と緑色のボタンが置かれていて、VARが緑色のそれを押しながら『APP Start』と発する。聞き慣れないAPPとはAttacking Position Phaseの頭文字を取ったもので、攻撃の起点を意味する。

1/4ページ

最終更新:1/19(日) 6:54
REAL SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事