ここから本文です

オーテック、エクストレイルのカスタムカー各モデルを一部仕様向上

1/18(土) 10:32配信

MOTA

オーテックジャパンは、「日産 エクストレイル」をベースとしたカスタムカー「AUTECH」、「エクストリーマーX」、および、ライフケアビークル(LV)「助手席スライドアップシート」を一部仕様向上し、日産の販売会社を通じて1月23日より全国一斉に発売すると発表した。今回の仕様向上では、「AUTECH」、「エクストリーマーX」、「助手席スライドアップシート」においても基準車と同様に、更なる先進安全装備の拡充と快適性の向上を図る。価格は327万9000円~400万9500円(消費税込み)。

>>職人集団オーテックが仕上げたエクストレイルの画像はコチラ

日産 エクストレイルが一部改良

日産は2020年1月16日、人気SUV「エクストレイル」を一部改良し1月23日より発売すると発表した。先進安全装備の拡充や、運転支援技術「プロパイロット」の性能を向上させる。

エクストレイル AUTECH(オーテック)

AUTECHは、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングが特徴のブランド。素材などの細部にもこだわりを持つユーザーに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトとしている。オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーが、ブランドのアイコニックカラーだ。

今回の仕様向上では、ベース車同様に先進安全装備の拡充や「プロパイロット」の性能を向上させた。またエクストレイルAUTECHの特徴のひとつである、「エクストレイル」唯一の19インチタイヤを継続採用。SACHS社製ショックアブソーバーを含む専用サスペンションを新たに全車に装備し、さらなる上質な乗り味を実現。日常のドライブシーンから、カーブが連続する道での走行や高速道路での車線変更などまで、よりスムーズに行えることで安心感やクルマを操る楽しさを提供する。

また、ユーザーの好みに合わせてインテリアコーディネートが選択できる「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」を継続設定。本プログラムでは、運転席・助手席パワーシートを標準設定とし、本革シートカラーをストーンホワイト、タンの2色から、ステアリングをストーンホワイト、タン、ブラックの3色から選択することが可能。さらに、ステアリングステッチの縫製パターンを3種類から選ぶことができる。

1/2ページ

最終更新:1/18(土) 10:32
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ