ここから本文です

オトナの「アンダーヘア脱毛」4つのメリット。産後の尿モレ改善にも!【30代からのデリケートゾーンケアの今#2】

1/18(土) 22:10配信

kufura

前回の記事でもお伝えしましたが、ここ数年、日本でもいわゆる「アンダーヘア」の脱毛やお手入れが、ずいぶんと一般的になってきています。脱毛・ケアをするのが世界的な流れであることや、美容的な観点だけではない、今の日本女性に「アンダーヘアの脱毛」が必要な理由を、日本の植物療法の第一人者であり、海外の様々な医療機関の事情にも詳しい森田敦子さんにうかがいました。

デリケートゾーンに問題が…。さて何科を受診する?

ただでさえ他人には相談しにくい、デリケートゾーンの問題。

赤み、かゆみ、においが……など、気になる悩みがでてきたとき、あなたは何科を受診しますか? 泌尿器科、産婦人科、それとも皮膚科?

本来は、何か不調があったら気軽に受診が望ましいのですが、今の日本では、まだまだ抵抗がある人も多いのがデリケートゾーン周り。

アンダーヘアのお手入れに関しても同様で、日本特有の文化的背景もあってか、欧米のようには浸透していないのが現状です。

アンダーヘアの脱毛は、メリットしかない!?

ですが、出産経験も年齢も関係なく、アンダーヘアはなくした方がいい、と森田敦子さんは言います。

「私は ”V” ゾーンだけでなく、膣周りの ”I” ゾーン、肛門周りの ”O” ゾーン、すべての毛をなくしていいと思っています。なぜなら、その方が女性にとっていいことばかりだからです」(以下「」内、森田さん)

アンダーヘアを脱毛すると、自分のデリケートゾーンがどうなっているのかよく見えるようになり、ケアがしやすくなります。

たとえば、膣周りを清潔に保ちやすくなりますし、さらには膣周りの肌をお手入れすることで「肌の弾力」を保つことができるように。その効果は多岐にわたるそうです。具体的にメリットをあげていくと……。

メリット1:ムレもかゆみも、においも気にならなくなる!

生理の時や、おりものの多い日など、デリケートゾーンのムレやかゆみを感じたことがある人は多いはず。

「腕などの表皮とは違い、膣周りの皮膚は汗や分泌物にまみれます。頭なら皮脂、目なら目やになどのように、膣は恥垢という特別な垢がたまりやすい場所。そこに汗をかいてムレると、雑菌が繁殖しやすい環境になり、ニオイにもつながります。

それが続けばかゆみや炎症が起きやすくなり、掻きこわしてただれたり、軟膏のお世話になる……といった悪いスパイラルが起きやすい。

毛がなければ、トイレでも短時間でさっと拭き取ることができて、清潔に保つことがカンタンです。毛におりものや月経血が絡みついている状態のまま、何時間も肌に密着させることもなく、いつでも膣周りを清潔に保つことができますよね。ニオイも気にならなくなるでしょう」

1/3ページ

最終更新:1/18(土) 22:33
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事