ここから本文です

この手があった! 大人の白髪を“活かす“簡単テクとは?

1/18(土) 7:02配信

LEON.JP

「白髪は染めて隠すもの」と思っていませんか?ロマンスグレーは風格や貫禄の象徴。大人の色気やかっこよさをアピールする絶好のポイントです。白髪は活かして、知的さや渋みを醸すチャームポイントに転じるのがモテるオヤジのやり方なのです。

日本では白髪の目立ち始めた頭をネガティブに捉える人が多いようですが、海外の粋な大人たちは、むしろ逆で、成熟した男の証としてとらえ、染めたり隠したりせず、潔くそのままの状態を楽しんでいます。よくよく考えると、これこそが大正解だと思いません? 

肌に味わい深いシワが刻まれているのに、髪だけ妙に黒々していたらちょっと不自然かも。そもそも無理な若作りほど痛々しく見えるものはありませんしね。実は白髪混じりの髪は、年相応の風格や貫禄を示し、ときに大人の色気をアピールする絶好のポイントになるもの。最近のイタリアスナップでそれを実証してみましょう。

白髪はモノトーンでまとめるのが絶好なのです

白髪をお洒落のポイントとして活用するなら、手っ取り早いのは全身をシンプルにモノトーンでまとめること。こうした色数を控えたコーディネートはここ最近の流行りですが、頭が茶髪だとモノトーンのクールさがいまひとつスポイルされてしまうでしょう。とはいえ、真っ黒な髪も、アウターが黒の場合は重苦しい印象になりがち。

その点、髪がロマンスグレーならモノトーンのストイックさをキープしつつ、黒アウターとの合わせにもほどよくコントラストがつくという寸法。もちろんコーディネートしだいでは大人のシブさや色気、さらには知的なムードさえ醸すことができるでしょう。白髪をチャームポイントとするなら、まずはこのテクからお試しあれ。

■黒ライダーズで艶感ある白髪を演出する

流行りの黒ライダーズにも白髪は最高に似合います。下で紹介の御仁はその好例。リッチな艶をたたえる細身のライダーズがいかにもいまどきですが、さらに黒サングラスを掛けていることもあり、精悍な印象です。ここでワックスべたべたの黒髪だと時代錯誤なロッカー風情になった可能性も。

それがほどよく脱力感のあるお洒落なスタイリングとなったのは、白髪混じりのマットな髪があればこそ。どこかクリーンで知的に見えるのもいいですね。白髪だからこそ可能なライダーズの新しい攻略法です。

1/2ページ

最終更新:1/18(土) 7:02
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事