ここから本文です

プロ野球選手おそるべし! 元千葉ロッテのエース・ジョニ―黒木が美女プロから教わって叩き出した“驚異の飛距離”

1/18(土) 20:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

教え上手の美女プロ・小澤美奈瀬の元に、正真正銘のアスリート、元千葉ロッテマリーンズの「魂のエース」ジョニー黒木こと黒木知宏が悩みの相談に訪れた。最終回の今回のテーマは「ドライバーの飛距離アップ」。元々300ヤード近く飛ぶ黒木に対し美奈瀬はそれ以上に飛距離をアップさせることができたのだろうか。

ボール位置を変えただけでジョニ―の飛距離が伸びた

小澤:ドライバーで気を付けていることって何かありますか。

黒木:トップが浅くなるとスライスになるということと、あとはバックスウィングで手首を使いすぎてフェース面がオープンになりやすいというのが悩みというか癖なんですよね。

小澤:わかりました。ちなみにドライバーの平均飛距離は?

黒木:270~280ヤードですかね。

小澤:スゴイです! 尊敬です。

黒木:何をおっしゃいます。僕の飛距離、伸ばしてくださいね。

小澤:はい! では、よろしくお願いします。

ーーさっそくボールを1発打つと292ヤードとさすがの飛距離。2発目には301ヤードをを叩きだした黒木だったが、3発目は左に引っ掛かり263ヤード。

黒木:このチーピンが出るんです。持ち球はフェードなので、コレが出ると次のホールから悩んで振れなくなるんですよ。

小澤:そうですねえ……では、ボールポジションをちょっと変えてみましょうか。

ーーここで美奈瀬が、アドレスでの黒木のボールポジションを、少しだけ外側にセット。振り抜いた黒木の飛距離は何と306ヤード!

黒木:今のは振り抜けました。これってボールを左サイドに出したからですか。

小澤:そうですね。元々、ジョニーさんのドライバーのボールポジションは、左足よりも内側にセットしてあったんですが、それを左足のつま先線上にセットしてもらいました。こうすることで、ダウンスウィングで左に乗っていくことをうながし、リリースを遅らせることが出来るようになるので、『タメ』が作れるようになるんです。

黒木:ヘッドが走った後にボールが当たるような感じがしますね。

小澤:あ、その感じイイですね! ちょっとボールを左に移動させただけで、より強くタメが作れてくるのでオススメです。今度は左足の外かかと線上にボールを置いて打ってみてください。

1/2ページ

最終更新:1/18(土) 20:31
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ