ここから本文です

トレンドど真ん中カラー!おしゃれにも上品にも決まる40代の【柿色リップ】は2トーン持ちが正解

1/18(土) 22:00配信

magacol

アンバーやオレンジの色みが入ったトレンドの“柿色”リップ。黄みを帯びた大人の肌に映えると人気です。真冬のイベントシーズンは、もっと質感や発色を意識して。トーンの濃淡が異なる2本さえあれば、非日常感も好感度も自在に演出できます。

<濃・柿色リップ>オレンジみを含んだ熟れた柿色でやりすぎ感のないドレスアップ

トレンドの柿色の中でも、熟れたようなマットで深みのある発色をチョイスすれば、いつものお洋服もドラマティックに。ちょっとしたパーティやイベントに最適。

左から、マットなのに、クリーミーでとろけるようなテクスチャー。深い発色で思わず目を奪われるほどの存在感に。ラプソリュ ルージュ196 ¥4,000(限定パッケージ、1/1発売)(ランコム)※モデル使用色、コレクションのバックステージから生まれた、濃密なベルベットマットの仕上がりは高級感抜群。リップ マエストロ マット ネイチャー206 ¥4,200(1/3発売)(ジョルジオ アルマーニ ビューティ)

古臭くならないコツはエッジのポンポンぼかし

マットで濃い色を塗るときは、エッジをはっきり取らないこと。老けて見えてしまいます。指で輪郭をぼかして、ふわっと色づいたようにするのが、今っぽく見せるコツです。

<淡・柿色リップ>シアーな早生柿色は肌馴染みよし!上品な唇でNEXTベージュリップに

ベージュよりも黄みが強く、こなれ感が出るシアーな早生柿色。ママ友との忘年会や年末の帰省など、トレンド感とコンサバ感を両立したいときにピッタリなんです。

左から、潤いをキープしながらふんわりマットに仕上がります。ルージュ アンリミテッド マットM OR585 ¥3,300(シュウウエムラ)、カラーグリッターをたっぷり配合したシアーな発色。優しい表情を演出するマロンブラウン。モイスチャーリッチ リップスティック12 ¥5,000(SUQQU)※モデル使用色

シアーな分、唇の山を取って品格をプラス

シアーな発色で、カジュアル&ナチュラルに見えるからこそ、口角や唇の山はきちんと描いて、上品に見せるのが大事。直塗りでいいので、リップの角を使ってエッジを取って。

2020年『美ST』2月号掲載 撮影/向山裕信〈vale.〉(人物)、大槻誠一(静物) モデル/松本若菜 メーク/水野未和子〈3rd〉 ヘア/TAKESHI 〈SEPT〉 スタイリスト/JURIKA.A 取材/吉田瑞穂 編集/浜野彩希

最終更新:1/18(土) 22:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ