ここから本文です

「どちらの旦那が高収入」「若く見えるのは私」女性特有のマウンティング、あなたは大丈夫?

1/18(土) 10:15配信

LIMO

女性の世界では、とかく「どちらの方がキレイ・カワイイ」「どちらの旦那が高収入・格好いい」「若く見えるのは私の方」など、何かと優越をつけてしまいます。本人が意識していなくても、どこかでそんな意識がありませんでしょうか? 「あの子より私の方がマシだわ…」そう思って安心したっていうこと、今までに経験したことはありませんか? 

結婚して子どもが産まれると、そのようなマウンティングの場面がさらに増えて来ます。それは、対象が自分だけではなく、子どもや旦那様も関わってくるからです。今回は、妻であり母である女性達のマウンティング現場の実情を探っていきたいと思います。

子どもを通じて行われるマウンティング

「幼稚園の年長さんで娘と同じクラスになり、仲良くなったA子ちゃん。ある日、私も一緒に娘とA子ちゃん宅にお呼ばれすることになりました。他にも数人、女の子ママと子ども達が集まったんです。

A子ちゃんのお宅にはピアノが置いてありました。集まったのが女の子ばかりだからか、お教室は違えど、メンバーの中でも何人かがピアノを習っていました。我が家もその中の1人です。みんなで『楽しんで、音楽を好きになってくれたらいいね』なんて話し合っていました。

そうするとA子ちゃんのママが『せっかくだし、ピアノ弾いてみない?』と言い出しました。それぞれの子が即興でピアノを弾きました。年長の子ども達なので、まだ片手弾きや簡単な曲を弾く子ばかりです。私の娘もキラキラ星を演奏しました。

A子ちゃんママは『カワイイね~』『ピアノが好きなのね』と、それぞれの演奏を褒めてくれ、ほんわかしたムードで進んでいましたが、最後にA子ちゃんが演奏したことで、その空気は一変しました。なんと、A子ちゃんはモーツアルトやバッハといったクラシックを完璧に演奏したのです。

子ども達のピアノ演奏が終わり、それぞれの遊びに戻ると、他のママ達を相手にA子ちゃんママのピアノ談義が始まりました。教室はどこに行ってるとか、自宅に置いてあるピアノはどの様なものか…など。『えっ? そこで習っても上達はしないわよ。お金の無駄じゃない?』『せっかく習ってるなら、自宅に置くピアノもちゃんとしたものにしないと』なんて、気が付けばディスられまくりました。私を始め、他のママ達もすっかり委縮してしまって。そこからは、園で顔をあわせてもA子ちゃんママの習い事マウンティングに晒されています。」

子どもの頑張りや努力を、まるで自分の手柄のように自慢して、マウンティグをとってくるママ。実はこういうママは、少なくないのです。スポーツや勉強の場合もしかり。そのマウントしてる内容は、けっして自分が築き上げたものではないことを分かっているのかどうなのか、子どもを矢面にしてマウンティングをとってくるのです。

1/2ページ

最終更新:1/18(土) 10:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ