ここから本文です

長渕剛、急性腎盂腎炎からの復活にファンが熱い“剛コール”!

1/18(土) 15:08配信

クランクイン!

 昨年に急性腎盂腎炎を患って入院していたシンガーソングライターの長渕剛が18日、都内で行われた主演映画『太陽の家』の公開記念舞台あいさつに登壇。ファンの大歓声を受ける中、「全快しました」と回復をアピールした。

【写真】熱い“剛コール”に応える「長渕剛」


 本作は、長渕が約20年ぶりに主演を飾るオリジナル・ヒューマンドラマ。神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾(長渕)が、シングルマザーの池田芽衣(広末)とその息子・龍生(潤浩:ゆんほ)のために、家作りに奮闘する様を描く。

 本イベントには長渕のほか、飯島直子や山口まゆ、潤浩、永山瑛太、広末涼子、権野元監督が出席した。

 急性腎盂腎炎を患い、昨年12月23日に催された本作の完成披露上映会を急遽欠席した長渕。今回は、客席から力強い剛コールが沸き起こる中、会場に真っ黒なロングコートとサングラスで登場。壇上でマイクを手にすると、笑いながら「コンサート会場じゃないんだから、少しは考えろよ」とファンたちを一喝した。

 あいさつは続き、「ご心配かけちゃったんだけど、まぁ、もう全快しました。こんな寒い雨雪の中、たくさん来てくれてとてもうれしいです」とコメント。信吾の妻・美沙希を演じた飯島から「おかえりなさいませ。待ってました」と声をかけられ、笑みをこぼした。

 広末も「昨年のクリスマス(完成披露試写会)は心細かったです」と言い、長渕と共演した入院シーンに言及。「突然最後に、(去り際に)缶コーヒーを置いていかれた。あれ、実は台本になかったんですよ。長渕さんのご提案で置いていかれた。普通は、缶コーヒーを病人に渡さないけど(笑)、でもその缶コーヒーの男気と優しさと、言葉に言わない『がんばれよ』とか『早く良くなって』という温かみが、ここに込められているんだなとすごくグッときてしまった。後ろ姿に頭を下げたくなった」と述懐した。

 一番弟子・河井高史役の瑛太は、クランクイン当日、長渕とそばを食べに行ったと回想。すると長渕は「(瑛太は)ロマンチックな男でね。僕に、表彰状みたいなものを持ってきたんですよ。『なんだ?』と思ったら、月のマークが表現されている。『剛さん、この1エーカーの土地を買ってきました。剛さんのために』って」と瑛太から月の土地をプレゼントされたことを告白。「あれ、うれしかったな~。お月さまを見ると『僕の土地があるんだな』と思う。いつも思う。『そうか、瑛太が買ってくれたんだ、あそこに』って」とニッコリ。瑛太は「(人生)何が起こるか分からないので、剛さんと宇宙に逃げようかな」とジョークを飛ばし、会場の笑いを誘った。

 長渕はまた、本作の製作に奔走したキャストやスタッフに感謝を述べ、主題歌「Orange」の制作秘話を回想。「現場の愛や優しさに満ちた『オレたちはこういうものを作るんだ』という意識をみんなが根底に持っていた。その動きが、僕はとても優しく感じた。だから(撮影における)待ち時間なんかちっとも苦にならなかった。その成果が出ている素晴らしい映画ができたんじゃないかな。クランクアップしたときはみなさんと別れたくなかった。それで主題曲を書くときに『よし、これだけ愛をもらったんだから、60数名、キャスト含めたみんなにラブレターを書こう』と思って書いたのが『Orange』という曲なんです。みんなの顔が(頭の中に)見えて、早くできましたね」と話した。

 イベント終了の際には、客席からファンが駆けつけ、長渕に花束などを贈って全快を祝福した。

最終更新:1/18(土) 15:08
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ