ここから本文です

アタランタFWバロウが冨安所属のボローニャにレンタル移籍

1/18(土) 2:00配信

超WORLDサッカー!

ボローニャは17日、アタランタのガンビア代表FWムサ・バロウ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。期間は2021年6月までの1年半となっている。

なお、買い取りオプションが付いており、買い取る際の移籍金は1300万ユーロ(約15億9000万円)+ボーナスで最大600万ユーロ(約7億3000万円)が加算される契約とのことだ。

2016年からアタランタに在籍するストライカーのバロウは、2018年4月にトップチームデビュー。これまでアタランタで公式戦52試合に出場して8ゴール5アシストを記録。しかし、今季はセリエAで7試合(うち先発は1試合)に出場して2アシスト、チャンピオンズリーグでは1試合の出場に留まっていた。

DF冨安健洋の所属するボローニャは、37歳のベテランFWロドリゴ・パラシオが今季ここまでのセリエAでチーム最多の5ゴールを挙げている。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/18(土) 2:23
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事