ここから本文です

【運動神経最高、かつ知的】ホンダ・シティ2代目(GA1/2型) F1の勢いの中で生まれた完成形

1/18(土) 5:50配信

AUTOCAR JAPAN

初代の弱点を踏まえた2代目

text:Takuo Yoshida(吉田拓生)
photo:Koichi Shinohara(篠原晃一)

【写真】懐かしのディテール 取材した2代目ホンダ・シティ【実車】 (41枚)

ホンダ・シティと言えば、多くの人が思い浮かべるのは、四角く背の高いボディを持った初代だろう。

カブリオレやターボ、さらにはインタークーラー付きのターボIIといったホンダらしいスポーティなラインナップも揃い、一世を風靡したからである。

だが今回スポットを当てるシティは2代目。ちなみに製造期間は初代が5年だったのに対し2代目は8年。

そこだけを切り取ると、成功したのは2代目の方ということ?

初代シティのデビューは1981年のこと。1983年にはホンダの第2期F1活動が始まるタイミングであり、初代シティはまさにこの勢いに乗ったヤンチャなクルマだった。

ターボIIによるワンメイクレース、シティブルドッグレースはF2の前座レースとして人気を集めたが、極端なワイドトレッド化によって転倒してしまうクルマも多かった。

初代シティの特徴でもあった背の高いスタイリングと運動性能の両立は難しかったのだ。

2代目のスタイリングを見ると、初代の弱点を踏まえた方向転換がはっきりと見て取れる。

初代より125mmも低められたボディは、コンパクトハッチであるにもかかわらず、ワイド&ローのすっきりとした、知性すら感じさせるシルエットを纏っていたのである。

16戦15勝時代の落とし子

2代目シティは1986年に登場している。前期型がGA1、ヘッドランプ間に透き通ったガーニッシュを配した後期型がGA2という型式を与えられている。

この2ドアハッチバック車の位置づけは、初代と同じくシビックの弟分というものだった。

サスペンションはフロントがストラット、リアがトーションビームという小型FF車の王道ともいえる形式を採用。ワイド&ローのすっきりとしたスタイリングは、実際の運動性能に大きな影響を与えていた。

横置きされた4気筒エンジンは新開発のものが採用されていた。前期型のGA1が搭載していたD12A型は、シングルカムでありながら気筒毎4バルブを誇っていた。

GA2に搭載されたD13C型では1.2Lだった排気量が1.3Lにスープアップされた他、PGM-FI(ホンダの電子制御燃料噴射技術)を装備し、その最高出力は100psに到達した。

現代の眼から見ると、シンプル過ぎるスタイリングもあって、当時のシティ人気の高さを伺い知ることは難しい。

だが2代目シティがマイナーチェンジした1988年と言えば、ホンダのF1エンジンが16戦15勝を挙げた年であり、若者はシビックやシティの小気味よい走りにF1マシンのフィーリングを重ね合わせていたのである。

1/2ページ

最終更新:1/18(土) 5:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ