ここから本文です

【MLB】「ステロイド選手のほうがマシ」 世界一逃したドジャース左腕がサイン盗みに不満

1/18(土) 7:20配信

Full-Count

ドジャースは17、18年ワールドシリーズでアストロズ、レッドソックスに敗退

 今オフ、米球界を揺るがしている“サイン盗み”問題。ドジャースは2017、18年のワールドシリーズで渦中のアストロズ、レッドソックスに2年連続で敗れて世界一を逃しており、アレックス・ウッド投手は自身のツイッターで不満を漏らしている。

【動画】右手のバチを弾くとゴミ箱を叩いてサインを知らせる!? アストロズの“サイン盗み”ボブルヘッドの実際の映像

 2017年はアストロズを相手に2試合で7回2/3を1失点と好投したが、2018年にはレッドソックスを相手に救援で3試合に投げて2回1/3を2失点だった。2年続けて世界一を逃しており、ツイッターには「僕としては、投げる球種を全部把握している選手と対戦するんだったら、ステロイドを使っている選手と対戦するほうが、まだマシだね」と投稿した。

 ウッドは2018年はレッズでプレーし、今オフにはFAでドジャースに復帰。ドジャースは2013年からナ・リーグ西地区を7連覇中だが、世界一には1988年から遠ざかっている。今回の騒動は選手たちには納得のいかない結果になりそうだ。

Full-Count編集部

最終更新:1/18(土) 15:01
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ