ここから本文です

冥界から帰還したギルガメッシュ王の推測に波紋が広がる!「Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア-」第13話、ネット上の反応は?

1/18(土) 12:00配信

ねとらぼ

 今週も「FGOバビロニア」放送直前のおさらい! 前回の内容と感想をお届けします。

【画像】かわいいエレシュキガル

 カルデアに唯一残されたマスター・藤丸立香とデミ・サーヴァントのマシュ・キリエライトがついにたどり着いた七つ目の特異点は、紀元前2655年のバビロニア。天の楔・賢王ギルガメッシュと三柱の女神が熾烈な争いをつづけているこの地で、藤丸とマシュ最後の戦いが今始まる。

●「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」第13話(1月11日放送)のあらすじ

 ついに冥界の女神エレシュキガルと対峙した藤丸は、共にウルクを救おうと訴えかける。しかしエレシュキガルはそれに応じず、彼らに襲い掛かってくる。ギルガメッシュやイシュタルの力を借り、エレシュキガルの心に問いかけていく藤丸だが…。

 女神の職務を果たさんとする彼女との激しい戦闘は、マシュの宝具”ロード・キャメロット”にその命運がかけられる。(「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」公式サイトより)

●「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」第13話のネット上での評価

 ネット上での「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」第13話の評価は、「ポジティブ」が82.5%となりました。

●第13話の盛り上がりはどうだった?

 今回、最も盛り上がったのは23時55分ごろ。ギルガメッシュ王が冥界から現世へと戻ってきたシーンでした。ギルガメッシュ王は冥界での体験を生かし、神々によってエルキドゥの魂が破壊されたのではないかと推測します。エルキドゥにうり二つのキングゥが登場して以降、「いつかエルキドゥは復活するだろう」と期待していたファンは衝撃を受けました。果たして、ギルガメッシュ王とエルキドゥは再会できるのか? そして、キングゥの真の狙いはどこにあるのか? 三者の行く末が気になる展開となりました。

●エレちゃんが可愛すぎる!

 エレシュキガルは、冥界で死者の魂を管理する中、孤独と劣等感を抱き続けていました。藤丸一行との激闘の末、今まで押し殺していた本音を吐露。そして遂に真の姿を披露し、ファンを熱狂させました。

 ネット上では「エレちゃん可愛い過ぎてキュン死しちゃいました」「かっこいいエレちゃんも可愛いエレちゃんもたくさん見られて最高でした」という感激のコメントが多く寄せられました。

 Twitterでは、エレシュキガルのキュートな人柄と共に、妹・イシュタルとの関係性にも注目が集まりました。正反対の性格の2人が対立する様子について、「イシュタルとエレシュキガルの掛け合い最高やん...幸せ...」などのツイートが散見しました。中には、エレシュキガルに恨まれていることを承知の上で、冥界へと乗り込んだイシュタルの健気さを評価する声も。エレシュキガル同様、イシュタルも根強い支持を得ているようです。

1/2ページ

最終更新:1/18(土) 12:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ