ここから本文です

Chrome OS、Steam公式サポートの可能性―海外報道にてChrome OSディレクターが示唆

1/19(日) 17:30配信

Game Spark

Googleが提供している「Chrome OS」内で、今後Valveのゲーム配信プラットフォーム「Steam」が公式サポートされる可能性、とした内容が海外メディアで報道されました。

大きな写真で詳しく見る

報道は、海外メディアAndroid Policeの「CES 2020」にあわせ行われたGoogle Chrome OSプロダクトマネジメントディレクターKan Liu氏へのインタビューを元にしたもの。氏は、インタビューに対しChrome OS上でのLinux互換性の強化及び、Steamクライアント対応が進行中である旨を示唆したとのことです。

現状でもChrome OS内にLinuxを導入できるサービスは存在するため、SteamのLixux用クライアントを使用することで一部ゲームをプレイすることは可能でした。しかし、公式な使用法ではなかったために最適化されず、大幅にパフォーマンスが下がる状態が続いていました。今回の公式サポートが実現すれば、Chrome OS上でのゲームプレイが快適なものとなりそうです。

また、インタビューでは、今後、Chrome OSを採用するPC「Chromebook」に強力なGPUを搭載した機種が更に登場する可能性についても触れられています。

報道内ではValveの関与があるとはしているものの、プロジェクトにどの程度関わっているのかは不明。またリリース日や詳細などは一切発表されておらず、Chrome OSがメインになるChromebook上でどれだけのゲームが起動できるようになるかなどもわかっていません。ですが、実現されればGoogleが提供するゲームストリーミングサービス「Stadia」と合わせ、Chromebookでも多数のゲームを遊べるようになるかも知れません。

Game*Spark Mr.Katoh

最終更新:1/19(日) 17:30
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事