ここから本文です

【UFC】マクレガーが”激闘王”セローニに秒殺TKO勝利「再び王者に君臨したい」

1/19(日) 15:27配信

イーファイト

 1月18日(日本時間19日)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-Mobileアリーナにて『UFC246』が開催され、メインイベント・ウェルター級ノンタイトル戦で1年3か月ぶりにUFCに復帰した”UFCの問題児”コナー・マクレガー(31=アイルランド)がドナルド・セローニ(36=アメリカ)をわずか1R40秒でTKO勝利した。

【フォト】前回の試合でもハイキックを出すマクレガー

 マクレガーは2016年11月にアルバレスに勝利し、フェザー級に続きライト級王座を獲得しUFC初の二階級同時保持王者となったが、マクレガーのバス襲撃事件の問題で王座剥奪。18年10月にそのベルトを取り返すべく再びライト級タイトルマッチに挑むもヌルマゴメドフ(ロシア)に一本負け。今回、再起戦を見事完勝で飾った。

 マクレガーは開始とともに突進し左ストレート。かわされ組みつくと左肩でセローニの顔面を突き上げ、肩での攻撃(肩パンチ)数発。更に左ヒザ蹴りを側頭部にヒット。セローニは鼻から出血するが、なおも攻撃を止めないマクレガーは左ハイキックでグラつかせると左ストレートでセローニはマットに崩れ落ち、マクレガーはパウンドを連打。レフェリーが試合を止めた。

 セローニはこれまで36勝のうちKO勝ち10、一本勝ちは17ある激闘王と言われる強豪だが、マクレガーは何もさせず秒殺勝利となった。

 マクレガーは試合後のマイクで「最高です、歴史を作ってます。最速のKO、フェザー級、ライト級、そして今ウェルター級で最短の勝利かな。(肩パンチは)相手はあまり予測してなかったと思う。だから当たった。ウェルター級であいつをこんな感じで止められた奴はいなかったと思う。チャンピオンとして再び君臨していきたい。またここから始める。歴史に刻みたい。みんなこれから楽しみにしてくれ。この階級大好き。きっと神も私がここで戦うことを望んでいると思う」とライト級からウェルター級に上げベルトを狙っていくとした。

最終更新:1/19(日) 15:51
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ