ここから本文です

成長力はAクラス? セルジオ・ペレス、レーシングポイントの“可能性”に期待大

1/19(日) 10:33配信

motorsport.com 日本版

 レーシングポイントは、2018年シーズン途中に破綻寸前だったフォースインディアを、ローレンス・ストロール率いるコンソーシアムが買収して生まれたチームだ。

【ギャラリー】ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

 フォースインディア時代は毎年堅実な進歩を示していたものの、2019年シーズンのレーシングポイントはパフォーマンスを伸ばすことができず、コンストラクターズランキングでは7位に留まった。

 ドライバーのセルジオ・ペレスは、苦戦した2019年シーズンは混乱した2018年の”遺産”であり、2019年用のマシン『RP19』の設計プロセスに悪影響が及んでいたと説明する。

 そして、2020年シーズンについては新体制も固まったことで、より大きな可能性を秘めているという考えを示した。

「チームにはとても大きな、巨大な可能性がある」と、ペレスはmotorsport.comに語った。

「2020年シーズンは、それを目の当たりにすることが可能だと思っている」

「新シーズンに、僕らほど大きく成長できるチームはないと思う。そして新ルールとなる2021年は僕らにとってもトップチームと交わる大きなチャンスだ」

「2019年は振り返ってみれば、ある種予想していた躓きが多少あったと思う」

「でも僕らには勢いがあると感じている。特に2020年に向けては素晴らしいものがあると思う。新シーズンはいい年になるはずだ。チームが新体制になって本当の1年だからね」

 チームメイトのランス・ストロールは、移籍初年度をランキング15位で終えた。そのストロールもペレスのこうした見解には賛同している。

「2020年は、戦闘力を回復するとても大きなチャンスだと思う」

「オフシーズンの間、誰もができる限り懸命に取り組もうとしている。それが勝負というものだ。だけど、上手く行けば僕らは大きく飛躍するだろう」

 ストロールはそう語る。

「だから僕としては2020年を本当に楽しみにしているんだ。昨年を振り返ってみればいくらか困難を抱えてシーズンに突入した。それは一昨年のトラブルによって開発プロセスが本当に遅れていたからだ」

「今の僕らの立ち位置と、新シーズンへの臨み方を考えると、明らかに2019年よりもいいスタートを切れている。だから本当にワクワクしているんだ」

「ただ、今は中団争いは非常に激しいものになっている。開幕戦のメルボルンを迎えた時にしか、どんな状況かは分からない」

Valentin Khorounzhiy

最終更新:1/19(日) 10:33
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事