ここから本文です

「大阪味おにぎり」ってどんな味? ローソンの復刻品が話題、気になる具材は… 近畿限定、担当者に聞いた

1/20(月) 7:00配信

withnews

 年末年始にかけて近畿地区で販売された「大阪味」のおにぎりが、ネット上で注目を集めました。いったいどんな味なのか、ローソンの担当者に聞きました。

【画像】中身と具材がこちら。ネット上では「たこ焼き味?」「梅だ(梅田)」といった声が上がってますが…

1月6日まで販売

 昨年12月17日から今年1月6日まで、ローソンの近畿エリアで販売されたおにぎり「大阪味」(税込み168円)。

 実はこのおにぎり、昨年6月に大阪市で開催されたG20に合わせて企画された商品の復刻版です。

 「G20に合わせ大阪や近畿をPRするために開発・発売した商品で、初回発売時、SNS中心に大変ご好評いただきました」

 そう話すのは、近畿商品部のマーチャンダイザー・奥西真名さんです。

 復活を望む声も多く寄せられたことから、年末年始で人が流入する時期に再販売し、多くの方に興味を持ってもらおうと考えたそうです。

担当者に聞きました

 復刻されるとツイッター上に写真の投稿が相次ぎ、「分かりそうで全くわからない」「たこ焼き味か?」「梅だ(梅田)」といったコメントが寄せられ、注目を集めました。

 具材は何を使っているのか尋ねると、こんな答えが返ってきました。

 「大阪をイメージできる具材・味を詰め込んでいます。たこ入りのかやくごはんを、ソースで味付け。鰹節と紅ショウガをマヨネーズで和えて包みました。海苔は関西のおにぎりでなじみのある味付海苔を使っています」

 だしとソース、マヨネーズと紅ショウガ、味付海苔と、それぞれの味を活かしながらバランスを取るのに苦心しながら、「おにぎり1個で大阪を表現しよう」と開発メンバーで何度も話し合ったそうです。

またまた販売する可能性も

 再び好評だったことを受けて、原料の確保などができれば、また売り出す可能性もあるそうです。

 話題になったことについては、こう話します。

 「味の詳細を伝えないネーミングは当初不安でしたが、興味を持っていただいて本当に嬉しかったです。『どんな味だろう』『食べてみたらこうだった』と、次々に感想を書き込んでいただき、ネットの力を改めて実感しました。再販となった場合、店頭でお見かけいただいたら、ぜひお買い求めください」

最終更新:1/20(月) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事