ここから本文です

愛と祈り詰まった、SPAC「少女と悪魔と風車小屋」開幕

1/19(日) 14:16配信

ステージナタリー

SPAC「グリム童話~少女と悪魔と風車小屋~」が、昨日1月18日に静岡・静岡芸術劇場で開幕した。

【写真】SPAC「グリム童話~少女と悪魔と風車小屋~」より。(c)Y.Inokuma(メディアギャラリー他5件)

「グリム童話~少女と悪魔と風車小屋~」は、グリム童話「手なしむすめ」をフランスのオリヴィエ・ピィが戯曲化した作品。SPAC版の上演は、2012年以来約8年ぶり3度目となり、今回も宮城聰が演出を手がける。

2012年の公演に続き、少女役を演じる池田真紀子は開幕に際し、「この作品には、戯曲を書いたオリヴィエ・ピィの『愛』と、演出した宮城聰の『祈り』が詰まっています。私たち俳優の身体の向こう側に、それを観ていただけたらと思います」とコメントした。

上演時間は休憩なしの1時間30分。公演は2月2日まで。

■ 池田真紀子コメント
この作品には、戯曲を書いたオリヴィエ・ピィの「愛」と、演出した宮城聰の「祈り」が詰まっています。私たち俳優の身体の向こう側に、それを観ていただけたらと思います。同じ時間を共有し、同じ音を聞いている、同じ空間にいるんだということを私たちと一緒に、観客の皆さんにも感じていただければ嬉しいです。ぜひ劇場に足をお運びください。

■ SPAC「グリム童話~少女と悪魔と風車小屋~」
2020年1月18日(土)・19日(日)、25日(土)、2月1日(土)・2日(日)
静岡県 静岡芸術劇場

原作:グリム兄弟
作:オリヴィエ・ピィ
訳:西尾祥子、横山義志
演出:宮城聰
音楽監督:棚川寛子

出演:池田真紀子、森山冬子、鈴木真理子、武石守正、大内米治、貴島豪、大道無門優也、永井健二、宮城嶋遥加、若宮羊市

最終更新:1/19(日) 14:16
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ