ここから本文です

東前頭5枚目・明生が初休場…左上腕二頭筋部分断裂 初場所の休場は6人目

1/19(日) 12:51配信

デイリースポーツ

 「大相撲初場所・8日目」(19日、両国国技館)

 東前頭5枚目の明生(24)=立浪=が8日目の19日、日本相撲協会に休場を届け出た。「左上腕二頭筋部分断裂で加療中。1月場所の休場を要する」との診断書を提出した。休場は初めて。場所前から左肘を痛めており、7日目まで1勝6敗だった。

 今場所の十両以上の休場者は、横綱の白鵬(宮城野)、鶴竜(陸奥)ら6人目。対戦予定だった竜電(高田川)は不戦勝となる。

最終更新:1/19(日) 13:07
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事