ここから本文です

不動産投資が生命保険代わりになるといわれるのは、どうして?

1/19(日) 18:32配信

ファイナンシャルフィールド

「人生100年時代」という長寿高齢化社会。そして「年金2000万円問題」で、改めてクローズアップされた年金制度の将来像への不安……。

こうした不透明な情勢も踏まえて、私的年金のような位置付けで不動産投資をされている方もいらっしゃることでしょう。

投資は、リターン(得られる収益)とリスク(将来的な不確実性や変動要因)が背中合わせですが、不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」といわれます。

そして、不動産投資メリットの1つとしてよく聞くのは「生命保険代わりになる」。一体どんなことなのか確認してみましょう。

「団体信用生命保険」の仕組み、そして利用者のメリットとは?

生命保険で本人の死亡に備える商品の代表例が、定期保険や収入保障保険です。
万が一のときに残された家族の生活支援が主な目的の保障型で、契約内容にもよりますが、一定の期間内に数千万円規模の保障をしてくれることもあります。定期保険や収入保障保険は掛け捨てが中心です。

もう1つの代表例は、一生涯の保障が続く終身保険。遺族等に支払われるほかに(条件は不利になりますが)中途解約等によって、存命中に本人がお金を手にすることもできます。貯蓄型といわれるジャンルです。

そして不動産投資が生命保険代わりになるといわれるのは、「団体信用生命保険」(団信)があるからです。これは、不動産投資の際にローンを組むと加入するもので、次のような仕組みです。(マイホーム購入のための住宅ローンにも団信はあります)

(1)保険契約者ならびに保険金受取人はローン金融機関(債権者)で、ローン契約者(債務者)を被保険者とする。

(2)保険期間はローン契約期間で、債務者が死亡または高度障害状態になった場合に残りのローン額は保険金で充当される。

(3)残された家族はローン返済の必要がなく、無借金の不動産資産を受け継ぐことができる。

保険契約者は金融機関ですが、保険料は金利の一部としてローン契約者が実質的に負担しています。また金利を上乗せすることで、介護・生活習慣病・がんなどに備えた保障を手厚くできるケースも多いようです。

貸出金がコゲつくリスクに備えた制度で、まずは金融機関のためといえるでしょう。しかしローン契約者側から見ても、残された家族に投資不動産が無借金の状態で受け継がれるというメリットがあります。

マイホームの団信では、万が一の場合でもマイホームに住み続けることができます。投資不動産の団信も加わると、さらに家賃などの収入を受け取り続けられ、まとまった資金が必要であれば、売却して現金化することもできるのです。

1/2ページ

最終更新:1/19(日) 18:32
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ