ここから本文です

松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年

1/19(日) 6:59配信

高校野球ドットコム

甲子園決勝でノーヒットノーランを達成した松坂の高校時代

 時代が大きく変わるかと思われた20世紀から、21世紀へ移行する時代。世の中は90年代前半にバブル崩壊で、低成長時代となっていった。そんな中、消費税が3%から5%に引き上げられたのが97年。ありえないと思われていた大手金融機関の北海道拓殖銀行や山一証券が相次いで破たんしたのもこの年だった。まさに“世紀末”感が世の中を包んでいたのだが、一方で渡辺淳一の『失楽園』がテレビ、映画でも話題となり世の中の混沌状態に輪をかけたかのようでもあった。

【動画】名門・横浜を率いてきた渡辺元智前監督が語るヒーローの高校時代

 そんな世間の脱落感をよそに、甲子園には一人の「怪物投手」が出現した。メディアがこぞって「怪物投手」という表現を用いる存在は、73年の作新学院・江川 卓以来のことではないだろうか。それ程、松坂 大輔という投手が素晴らしいということであろう。
 この時代の選手は、その後“松坂世代”などと言う呼び方もされるようになる。野球選手を高校野球の時代で、世代くくりをするようになったきっかけの年とも言えるのかもしれない(その後になって、遡って桑田と清原の“KK世代”や第55回大会の江川 卓投手の時の“江川世代”という呼ばれ方をされるようになっている)。

 この年の高校野球の最大の注目は、松坂 大輔を擁する横浜をどこが倒すのかというところだったが、まず春のセンバツでは、横浜が初戦では報徳学園を下す。2回戦では村田 修一(横浜→巨人など)と大野隆治(ダイエー・ソフトバンク)のバッテリーと2年生の田中賢介(日本ハム)を擁していた東福岡に快勝。郡山、PL学園も下して決勝進出し、関大一の久保康友(ロッテ)にも投げ勝って、優勝を果たしている。

 こうして、前評判通りの強さを示して優勝した横浜は、やはり圧倒的に強いという印象を与えた。この年は記念大会でもあり、出場校数も増えて史上最多の55校が甲子園に集結したが、その序盤戦で最大の好カードと目されたのが2回戦で当たった横浜と鹿児島実の試合だった。鹿児島実は1回戦でノーヒットノーランを達成した杉内俊哉が注目されていた。前半は緊迫した投手戦だったが、後半やはり横浜が地力を発揮し、4番打者でもある松坂は杉内から本塁打も放って6対0で快勝している。

 やはり、横浜は強いぞと思わせたが、真骨頂は準々決勝と準決勝である。今も語り継がれるこの両試合、PL学園との準々決勝は延長17回、横浜が常盤良太の2ランで突き放して劇的に勝利している。後日、この試合に関しては三塁コーチャーにいた平石洋介が小山良男捕手の癖を見抜いて、暗号として声を出しながら打者に球種を伝えていたということが報じられた。それだけの、質の高い情報戦ともいえる野球が展開されていたのだが、やがてこれが一つの切っ掛けにもなってか、走者やコーチャーが捕手のサインを盗むことを禁止するような動きになっていった。

 ただ、より研ぎ澄まされた質の高いチーム同士だからこそ、出来えたことであったということもまた確かである。

1/2ページ

最終更新:1/19(日) 6:59
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ