ここから本文です

少しの意識で家事を楽に! 犬山紙子「心の余裕が出てきそう」

1/19(日) 11:50配信

TOKYO FM+

コラムニストの犬山紙子(月曜&火曜担当)と、アプリクリエイターの関口舞(水曜&木曜担当)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「ホメラニアン」(2019年12月で終了)。2019年12月24日(火)の「ホメラニアン的! 暮らしのちょい足しテクニック with FASHION BOX」のコーナーでは、宝島社のファッション雑誌『リンネル』『大人のおしゃれ手帖』編集長の西山千香子さんをゲストにお迎えしました。

◆“布団乾燥機”で冬を快適に

犬山:今回はどんなちょい足しテクニックをご紹介いただけますでしょうか?

西山:今回ご紹介するのは「新年からの“しない家事”」

犬山:タイトルからして最高! やっぱり家事ってね、1人暮らしでも、誰かと暮らしていても大変なものですよね。この、家事をしない、減らしていく“余裕”、時間の余裕とか心の余裕が出てきそうです。それでは、詳しく教えてください。

西山:はい。まず1つ目は“布団を干さない”。

犬山:確かに。でも布団干すとき、いつも“腰イタタタッ……”ってなりますね。

西山:結構、重労働ですよね。もちろん花粉が飛んでたりとか、排気ガスとか、いろんな大気の問題もあるので、なかなか布団を自由に干せる環境っていうのも難しくなってると思うんですよね。それで、今おすすめしたいのは、“布団乾燥機でケアする方法”なんですが、布団乾燥機ってご存知ですよね?

犬山:はい。知っております。でも、プロデューサーとディレクターは知らないって言ってます。

西山:なんか知らない方も結構いらっしゃると聞きました(笑)。昔はシート状のものを、布団の掛け布団と敷布団の間に挟んで、そこに温風を入れて。

犬山:そう。“ぷくー”って。

西山:はい。膨らんできて乾かしていくっていうのが多かったんですけど、最近はそのシートではなくて、ノズルを布団の間に突っ込むだけ。

犬山:ほう、楽ですね。

西山:はい。実際、サイズもA4サイズくらいでコンパクトになっていて、お値段も1万円前後なんで、凄く使いやすく扱いやすい商品になってます。

犬山:布団乾燥機、実は我が家にあるんですけど、冬、布団がホカホカでもう最高なんですよね。

西山:あったかいですよね。

1/2ページ

最終更新:1/19(日) 11:50
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ