ここから本文です

桁違いのリッチさ! 世界で最も高額な物件べスト10

1/19(日) 20:51配信

ELLE ONLINE

これが億万長者の世界!

世界一高額な家を持っているのは誰だと思う? アメリカの中で一番高額な家は? 世界で最も高価なマンションの標準と考えられている家の設備は何? 巨大な豪邸を見て、これらの質問の答えや、その他のいろんなことを発見してみよう。だって、 “リッチなファンタジーライフスタイル”を妄想するよりも、ほかに現実逃避を楽しむ方法はある?

バッキンガム宮殿/イギリス・ロンドン

見積価格:推定29億ドル(約3000億円)
52室の王室ルームとゲストベッドルーム、78のバスルーム、92のオフィスを含む775の部屋を持つロンドン、クイーンズの邸宅は、現在も「世界で最も高額な家」のトップレベルを保持している。

イギリス王室はイギリス全土に多くの城や邸宅を所有しているが、バッキンガム宮殿は1837年以降、君主の公邸となっている。エリザベス2世女王は、スコットランドの高地にあるバルモラル城で毎年恒例の夏休みを過ごしている。

アンティリアタワー/インド・ムンバイ

見積価格:推定10億~20億ドル(約1000億~2000億円)

インドの億万長者ムケシュ・アンバニのために、シカゴを拠点とする建築事務所Perkins&Willと、サンタモニカを拠点とするホスピタリティデザイン会社、ハーシュ・ベドナー・アソシエイツの協力を得て設計された。

ムンバイのカンボール・ヒル地区にあるこの40万平方フィートの住居は、27階建て。マグニチュード8クラスの地震にも耐えられるこのタワーには、6階建ての駐車場、ガソリンスタンド、寺院、50席ある映画館、9つの高速エレベーターがある。

ヴィラ・レオポルダ/フランス・ヴィルフランシュ=シュル=メール

見積価格:推定7億5000万ドル(約800億円)

レバノン生まれのブラジル人銀行家、エドモンド・サフラの未亡人であるリリー・サフラが所有する、11の寝室と14のバスルームがある邸宅。フランスのコートダジュール地域、アルプマリティムの50エーカー(約20万平方メートル)の敷地に建っている。

ここには商業施設の温室、ヘリポート、屋外キッチン、そして素晴らしいプールがあり、アルフレッド・ヒッチコック監督の1955年の映画『泥棒成金』の舞台となった。

ヴィラ・レオポルダは、もともとの所有者の名前に由来している。ベルギー国王のレオポルド2世が、20世紀初めに愛人のブランシュ・ドラクロワに土地を贈与した。この家は、1920年代にアメリカの建築家オグデン・コッドマン・ジュニアによって再設計された。

1/3ページ

最終更新:1/19(日) 20:51
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事