ここから本文です

ただ今、Yahoo!ニュース 個人が表示されにくい不具合が発生しております。復旧まで今しばらくお待ちください。

カルバハル、計画的犯行の“バッド”ウィンク

1/19(日) 8:53配信

SPORT.es

ダニ・カルバハルは、2-1で勝利したセビージャ戦でシーズン5枚目のイエローカードを受けた。87分にボールを手に取り試合の進行を遅らせたことによる遅延行為だった。

セビージャ撃破で17戦無敗のレアル 2ゴールのカゼミロに最高評価

よってカルバハルは次節ホセ・ソリージャでのバジャドリー戦を累積警告により欠場する。

しかしこのイエローカードはカルバハル、またはマドリーが意図的に指示した行為であろう。
マドリーは次節のバジャドリー戦をレギュラー右SBなしで戦うが、2月1日(土)に行われるアトレティコ・マドリーとのダービーマッチを確実にプレーすることができる。


選手本人は故意にイエローカードを貰ったことを否定しているが、『Movistar』によるカードを受けた後にカルバハルが見せたこの画像は、彼が意図的に行った行為を裏付けている。カルバハルは同僚のミリトンにウィンクを送っているのだ。

昨シーズン最終節に受けた警告を引きずり、セルタとの今シーズン開幕戦を欠場したマドリーの右SBは、22日のユニオニストとの国王杯ラウンド32の試合には出場するだろう。

バジャドリー戦には、同胞のアルバロ・オドリオゾラが代役を務めると思われるが、彼は昨年10月19日のマジョルカ戦で退場(イエロー2枚)して以降、起用されていない。

SPORT

最終更新:1/19(日) 8:53
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事