ここから本文です

4位指名はお買い得!巨人4位の本格派左腕・井上温大(前橋商)の完成形は今中慎二?

1/19(日) 21:23配信

高校野球ドットコム

 2019年の高校生左腕の中でも屈指の技量を持ったのが、井上温大だろう。巨人4位指名を受けたが、その投球を目にすると、非常にお買い得という印象しかない。そんな井上に迫っていきたい。

まさに左投手のお手本のような井上温大の投球フォーム


 (投球内容)
 ストレートは常時135キロ~140キロのストレートだが回転数の高さを感じるストレートは絶品だ。そのストレートだが、夏の大会後で投げたストレートのほうが威力があり、本人の口から最速146キロを計測したと語るように、急加速で進化を見せている。将来的には150キロも狙えるだろう。

 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップが中心。夏の大会ではまだ決め球と呼べるほどの精度ではなかったが、夏の大会後のほうが腕の振りの鋭さとともに切れ味が増している様子。

 夏の大会では球威に物足りなさを感じたが、夏の大会後のほうが、見えているポイントは違うが、明らかに威力が増しているように感じられた。
(投球フォーム)
 ワインドアップから始動し、右足の膝を適度に伸ばしてバランスよくたつ。その後、右足を二塁方向へ送り込んでいきながら重心を下げていき、軸足を進展させながら、体重移動を行い、右足は踵から着地を行う。無理なく下半身を沈み込ませ歩幅の広さを見ると股関節周りの柔軟性の高さが優れた選手ではないだろうか。

 さらに右腕のグラブをやや下げて右胸に抱え込み、左腕の動きを見るとテークバックは内回りの旋回をしていきながら、トップに入ったときの肘がしっかりと上がっており、ここまで無理なく、バックスイングできるところに柔軟性の高さを実感する。

 その後、体の近くで、肘が立った状態で振り下ろすことができており、ここまで文句がつけようのない投球フォームである。

将来の可能性

 夏の大会の時点でも指名級のパフォーマンスを発揮していたが、全体でも4位にあがったのは担当スカウトが夏の大会後の練習でも成長ぶりを実感したのも1つの要因ではないだろうか。
 
 巨人では今村信貴、田口麗斗、大江竜聖に負けない魅力を持った左腕であり、フォームの再現性の高さを考えると、先発タイプとして育てることになるだろう。

 理想形は直球、緩い変化球、速い変化球を投げる今中慎二(元中日)のような投手になること。それを目指せる素質は十分にある。

最終更新:1/19(日) 21:23
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ