ここから本文です

サイン盗み渦中のアルテューベ「俺たちはもう一度ワールドシリーズに出る」 電子機器仕込こみ疑惑には「でっち上げ」

1/19(日) 15:42配信

中日スポーツ

 サイン盗み問題で揺れるアストロズは18日、ファン感謝イベントを本拠地ヒューストンで開催。厳しい質問の集中砲火となった異様な雰囲気の中、身長168センチの「小さな巨人」ことホセ・アルテューベ二塁手(29)は、終始硬い表情で名誉挽回を誓った。米紙ワシントンポスト(電子版)などが報じた。

【写真】レイズ筒香誕生!

 「俺たちはもう一度ワールドシリーズに出る。人々は信じないだろうが、出る」。サイン盗みが発覚した2017年は、電子機器を仕込んだばんそうこうも装着していたとの一部報道については「バカげている。大リーグが調査しても何も出なかった。でっち上げだ。調査で何も出なかったのは、自分にとって最高だね」と一蹴した。

 17年のアストロズはワールドシリーズに初優勝し、アルテューベはリーグMVPを獲得した。「MVPだと信じてくれる人もいれば、信じない人もいる。それは、いい人だと思ってくれる人もいれば、悪いヤツだと思う人がいるのと同じだ。自分ではどうにもできないことだってある」。

 また、「サイン盗みは選手主導だったとの調査結果だが」との直球質問には「俺には過去最高のチームメートたちがいる。今回でその思いが変わることはない。チームメートたちをよく知っているからこそ、ここで悲しんだりもしないし、メソメソしたりもしない」。さらに、今回の問題で解任されたルノーGMとヒンチ監督については「気の毒だったと思う。いい人たちだった」と評した。

最終更新:1/19(日) 15:42
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事