ここから本文です

ラキティッチ⇔ベルナルデスキ案、再浮上か

1/19(日) 16:35配信

超WORLDサッカー!

バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ(31)と、ユベントスに所属するイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキ(25)のトレードが行われる可能性が再び出てきた。『フットボールイタリア』が伝えている。

昨夏にもラキティッチ獲得に動いていたユベントス。その際にも、ベルナルデスキとのトレード話が浮上したものの、バルセロナのエルネスト・バルベルデ前監督が拒否したことで、実現には至らなかった。

だが、バルベルデ前監督が13日に解任されたことで状況は変わろうとしているのかもしれない。ユベントスが引き続きラキティッチに関心を寄せるなか、再び同トレード案が浮上。両選手ともにクラブでは定位置を確保するのに苦労している。また、バルセロナ側では、キケ・セティエン監督が新指揮官に就任したことで、ベテラン選手の放出の可能性が指摘されている。

移籍市場閉幕まで2週間を切った中、どういう結末を迎えるだろうか。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/19(日) 16:35
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事