ここから本文です

ポリターノ破談のローマ、次なるターゲットにヤヌザイ 代理人も認める

1/19(日) 17:30配信

超WORLDサッカー!

ローマがレアル・ソシエダに所属するベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(24)を狙っているようだ。『フットボールイタリア』が伝えている。

MFニコロ・ザニオーロが右ヒザの半月板損傷と前十字じん帯断裂の重傷を負い、代わりとなるアタッカーを探している最中のローマ。そこでインテルのFWマッテオ・ポリターノ(26)に目をつけ、DFレオナルド・スピナッツォーラ(26)とのトレードでメディカルチェックを済ませる段階まで進んだが、最終的に破談となった。

現在、ローマは代替案として、リバプールのスイス代表MFジェルダン・シャキリ(28)への関心が報じられているが、ヤヌザイにも注目している模様。1500万ユーロ(約18億3000万円)の買取オプションが付随したレンタルでの獲得に動くようだ。

ローマからの関心については、ヤヌザイのエージェントも認めたようだ。以下のようにコメントしている。

「ああ、ローマは1月の移籍市場でヤヌザイに興味を示しているクラブの1つだ」

「ジャッロロッシ(ローマの愛称)はビッグクラブ。もちろんヤヌザイもローマに移籍することを検討している。ただ、現時点でそれ以外のことについて話すことはできない。理解して欲しい」

アマチュア時代を過ごしたマンチェスター・ユナイテッドでプロキャリアをスタートさせたヤヌザイ。その後、ドルトムント、サンダーランドへのレンタル移籍も経験し、2017年にソシエダへ完全移籍した。今シーズンはここまでラ・リーガ11試合3アシストを記録している。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/19(日) 17:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ