ここから本文です

ジダン監督、セビージャ戦2ゴールのカゼミーロを称賛「特に最初の得点…」

1/19(日) 10:12配信

SOCCER KING

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督がリーガ・エスパニョーラ第20節を振り返った。クラブ公式サイトが試合後に伝えている。

 レアル・マドリードは18日、セビージャとの上位対決をホームで迎えた。試合は57分にカゼミーロのゴールでレアル・マドリードが先制すると、64分にセビージャが同点に追いつく。70分に再びカゼミーロが得点を挙げて、レアル・マドリードが2-1で勝利。この結果、レアル・マドリードは勝ち点「43」で暫定首位に浮上。セビージャは勝ち点「35」で4位となっている。

 試合後、ジダン監督は「前半我々の調子は今ひとつだった。だが、後半は前線からプレッシャーをかけた。セビージャはプレーさせる余裕を与えると良いチームだ。後半我々はかなり良く、試合が変わったよ」と振り返った。

 また、同監督は2ゴールで勝利に貢献したカゼミーロについて言及。「彼が2ゴールするというのはよくあることではないし、満足している。彼のことを考えると嬉しいね」と称賛した。「攻撃で我々はあらゆる選手で違いを見せつけることができる。特に2列目から飛び出した最初の得点。彼のゴールを喜んでいるし、後半に我々がしたことを試合が示している」と述べた。

 レアル・マドリードは次節、26日にアウェイでバジャドリードと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:1/19(日) 10:12
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事