ここから本文です

「鈴木誠也の嫁さんや!」駅伝取材の畠山愛理さんに広島ザワつく

1/19(日) 17:09配信

スポーツ報知

◆全国都道府県対抗男子駅伝 (19日、広島市平和記念公園前発着=7区間48キロ)

 一般(社会人、大学生)2区間、高校生3区間、中学生2区間の計7区間48キロで争われ、長野が2時間17分11秒の大会新記録で3年ぶり8度目の優勝。2009年に長野がマークした2時間18分43秒を1分32秒も更新した。2位は兵庫。7区(13キロ)で首位の長野と21秒差の4位でスタートした埼玉は、前マラソン日本記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ=が3位まで追い上げた。

【写真】畠山愛理、鈴木誠也とカープユニホーム2ショットで結婚報告

 箱根駅伝2区で区間新記録をマークした東洋大の相沢晃(4年)が7区で区間記録に1秒と迫る37分10秒の好タイムで区間賞を獲得。前回優勝の福島は序盤、出遅れたが、相沢が12人をゴボウ抜きして、14位まで引き上げた。

 区間新記録とタイ記録が続出した大会ををさらに盛り上げる存在となったのが、大会を中継するNHKのキャスターの畠山愛理さん(25)。2016年リオ五輪新体操日本代表の畠山さんは昨年、プロ野球・広島の4番打者、鈴木誠也外野手(25)と結婚した。発着点付近で精力的に取材する美人キャスターに対し「おぉ! 誠也の嫁さんだ」と地元の広島市民から歓声が上がっていた。

報知新聞社

最終更新:1/19(日) 21:02
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事