ここから本文です

篠原涼子「ハケンの品格」13年ぶり続編が放送決定!

1/20(月) 5:00配信

シネマトゥデイ

 篠原涼子主演で2007年に放送された人気ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の続編が、2020年4月期(毎週水曜・22時~23時)にスタートすることが明らかになった。実に13年ぶりの続編となり、篠原は「時代も平成から令和になり、『働き方改革』が謳われる世の中で、スーパーハケンの大前春子がどのように働き、生きて行くのか私自身もいまから演じるのを楽しみにしておりますので、視聴者の皆様にも楽しみにお待ち頂けたらと思います」とコメントしている。

【画像】篠原涼子、ざわちんのそっくりメイクにびっくり!

 「ハケンの品格」は、超人的なスキルと数々の資格を持った、一匹狼の派遣社員・大前春子(篠原)が主人公の連続ドラマ。「ドクターX」シリーズの中園ミホが脚本を手掛け、契約した仕事以外はせず、休日出勤も残業も一切しない春子が、周囲を困惑させながらも次第に認められていくさまを描き、平均視聴率20%超をマークする人気ドラマとなった。

 続編でも中園が脚本を担当。演出は「ごくせん」「家政婦のミタ」の佐藤東弥と、「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」「俺の話は長い」などの丸谷俊平が担当する。

 正社員になれば将来は安泰……という雇用システムが崩壊し、日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せている令和の時代に、春子はどんな働き方を提示するのか。「ハケンの品格は、実際の派遣社員の女性たちと取材という名の飲み会を何度も重ねて、生まれた作品です。13年経った今も彼女たちとの飲み会は続いていますが、ハケンの皆さんを取り巻く環境は改善されず、むしろ厳しくなっていると感じます」と明かした中園は「それでも笑顔で働き続ける彼女たちこそ、日本の宝! と私は思います。すべての働く女性たちにエールを送れるよう、新たな『ハケンの品格』に取り組んでいます。ご期待ください!」と意気込みを語っている。(編集部・入倉功一)

最終更新:1/20(月) 5:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ