ここから本文です

ニューイヤーズデイの半弟エンフォースアブルがケンタッキーダービーの有力馬に浮上

1/20(月) 11:30配信

netkeiba.com

 今年春から社台スタリオンステーションで種牡馬として供用されるニューイヤーズデイ(父ストリートクライ)の半弟にあたるエンフォースアブル(牡3、父タピット)が、18日(土曜日)にフェアグラウンズ競馬場で行われたG3ルコントS(d8.5F)を制し、重賞初制覇を果たすとともに、ケンタッキーダービー戦線の一角に浮上した。

 ニューイヤーズデイの半弟であるとともに、2歳秋から3歳春にかけてG2フォンテンオヴユースS(d8.5F)など4重賞を制したモヘイメンの全弟にあたるエンフォースアブルは、16年の全米最優秀3歳牡馬アロゲートらを輩出したことでも知られるクリアスカイファームスの生産馬。18年のキーンランド9月1歳市場に上場されるも77万5千ドル(当時のレートで約8675万円)で主取りとなり、その後、プライヴェートで馬主ジョン・オクスレイ氏が購買し、マーク・キャッシ厩舎に入厩した。

 2歳8月にサラトガのメイドン(d9F)を制しデビュー4戦目で初勝利を挙げると、G1ブリーダーズフューチュリティ(d8.5F)3着、G2ケンタッキージョッキークラブS(d8.5F)4着の成績で2歳シーズンを終えていた。

 ルコントSはケンタッキーダービーポイント競走に指定されており、勝ち馬のエンフォースアブルには10ポイントを獲得。ブリーダーズフューチュリティ3着で獲得した2ポイント、ケンタッキージョッキークラブS4着で獲得した1ポイントと合わせて通算13ポイントとなり、ダービーポイントランキング2位に浮上している。

(文:合田直弘)

最終更新:1/20(月) 11:46
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事