ここから本文です

16歳以下、エアロビック熱演 袋井で全国選手権

1/20(月) 8:32配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 第15回JOCジュニアオリンピックカップ全国エアロビック選手権大会in袋井2020(袋井市、日本エアロビック連盟主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が19日、同市のエコパアリーナで開かれた。

 16歳以下の国内最高峰の競技会で、全国から予選会を突破した男女約340人が熱のこもったパフォーマンスを披露した。

 シングルやトリオなど年齢別の計12部門を実施。垂直に跳んで両脚を開き、床と平行以上になるまで引き上げる「ストラドルジャンプ」など必須の技を取り入れて演技し、動作の美しさや正確性などの合計点で競った。4~8人で行うチーム競技エアロビック・ダンス部門では、エアロビック動作の中にストリートダンスを組み込み、一致性や構成などが審査された。

 会場では大勢の指導者、保護者らが選手に声援を送った。市の公募で集まった市民や、エアロビック愛好者らによるデモンストレーションも大会を盛り上げた。

静岡新聞社

最終更新:1/20(月) 8:32
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事