ここから本文です

呉服店はメルヘン世界 愛らしい人形“お出迎え” 朝日 店主が50体 衣装手作り

1/20(月) 22:18配信

北日本新聞

 朝日町道下の橘屋呉服店は、縫製技術を生かして衣装を作った人気キャラクターなどの人形約50体を並べ、来店客の目を楽しませている。制作した橘みや子店主(62)は「楽しげなメルヘンの雰囲気を発信し、商店街に活気を取り戻すきっかけになれば」と話している。 (朝日・入善支局長 高野由邦)

 大正元年創業の橘屋呉服店があるのは、昔ながらの商店街の一角。商店街のおかみ有志や町商工会は昨年10月、新たに「ヒスイ商店街」と愛称を付けて散策マップを作成。商店街の魅力を町内外にPRしようと各店イチ押しの周辺の見どころなどを紹介している。マップ作成を機に、各店舗で得意分野を生かした独自の取り組みを行う機運が高まった。

 橘屋呉服店は、着物の販売スペースの半分を展示ギャラリーに変更。店にあった古い調度品を活用した展示空間に、色とりどりのシルクの衣装をまとったシンデレラやリカちゃん人形といった愛らしい人形を並べた。

 子ども連れの来客などからは「何だか夢心地で楽しい」と評判も上々で、新たな触れ合いも生まれているという。

 展示は拡充する予定で、橘店主は「商店街のいろんな店で何か面白いことをやれば、話題を呼んで人も来るはず」と期待を込めた。

最終更新:1/20(月) 22:18
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ