ここから本文です

【海外ディズニー】SW新アトラクションがアナハイムで始動!初日は人気キャラクターがゲストを出迎え

1/20(月) 17:00配信

cinemacafe.net

映画『スター・ウォーズ』をテーマにしたディズニーパークス史上、最大級の敷地面積を誇るテーマランド「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」。同エリアの2番目の大型アトラクションとなる「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」が、カリフォルニア現地時間、1月17日稼働。昨年のフロリダに続いて、晴れて本格稼働した。

【写真】米ディズニー、アトラクション稼働初日を祝うSWのキャラクターたち

稼働初日はパークが午前8時オープンのところ、現地メディアが徹夜待ちゲストの様子をSNSに上げたところ、またたく間に地元ゲストが集まり、午前5時45分には開場。「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」に乗るためには公式アプリ経由のバーチャルQの登録が必要なので、“開園の8時”までパーク内で全員待機する展開となった。現地メディアによれば8時のバーチャルQ受付開始とともに90秒足らずでデジタル整理券がなくなり、予備軍のバックアップグループも15分足らずでなくなるど、熱狂的な人気を記録。並べば乗れるいわゆるスタンバイ制度がないため、しばらくはデジタル整理券獲得を目指して熾烈な競争となりそうだ。


幸運にもレジスタンスとともにファースト・オーダーとのバトルに参加する権利を得た選ばれしゲストは、おおよそ9時にライドへの搭乗を開始。現地メディアや公式パークス・ブログなどが見守るなか、チューバッカやR2-D2などの人気キャラクターが出迎え、中には号泣するゲストの姿も。

「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」とは、8人乗りのライドに乗り、スター・デストロイヤーのハンガーベイでの戦いに参加するというもの。ファースト・オーダーとレジスタンスによる壮絶な戦いのなかに巻き込まれ、ゲストはかつてないバトルを体験する。このアトラクションの稼働をもって、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、フロリダ、カリフォルニアの両パークとも完成したことになる。

As to Disney artwork, logos and properties: (C) Disney

※取材時の状況に基づいて記事化しています。紹介したイベント、メニューなど、すべての情報は、予告なく、変更になる場合があり得ます。

最終更新:1/20(月) 17:00
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事