ここから本文です

ウイリアムズからF1デビューのニコラス・ラティフィ、ニコ・ロズベルグと同じ『6番』をカーナンバーに選択

1/20(月) 19:48配信

motorsport.com 日本版

 2020年シーズンに、ロバート・クビサの後任としてウイリアムズからF1にデビューするニコラス・ラティフィ。彼は自身のカーナンバーに、2016年にF1チャンピオンとなったニコ・ロズベルグと同じ6番を使用することが分かった。

【ギャラリー】2019年F1パワーユニット:全メーカー総覧

 ロズベルグは2016年限りでF1を引退したが、彼の使用していた番号はスポーティングレギュレーションに従い、2シーズンの間は使用できないものとなっていた。つまり、2019年シーズンには既に利用可能となっていたのだ。

 ラティフィはこの番号を選択したことについて、ロズベルグとは何も関係が無いと話している。

「F1参戦に向けてどの番号を選ぶのか、それについては皆が疑問を持っていたと思う」

 ラティフィはチームの投稿した映像の中でそう語っている。

「僕はカーナンバーを6番にすると決めた。理由は僕がカナダ・トロント出身で、トロントは一般的に“The Six”として知られているからだ……トロントは市外局番が416か617なんだ」

「ちょっとくだらないけど、でも(番号をどうするか)決めあぐねていたから、これを選ぶことにしたんだ」

Pablo Elizalde

最終更新:1/20(月) 19:48
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ