ここから本文です

Instagramから「IGTV」ボタン消滅 「ほとんど使われなかったから」

1/20(月) 7:22配信

ITmedia NEWS

 米Facebook傘下のInstagramのモバイルアプリのメイン画面にあった「IGTV」ボタンが、最新バージョンで表示されなくなった。米TechCrunchが1月19日(現地時間)、Facebookのコメントを添えて報じた。

検索ページのIGTVボタンは残った

 FacebookはTechCrunchに対し「ほとんどのInstagramユーザーはIGTVのコンテンツをフィードのプレビューや検索のIGTVチャンネル、クリエイターのプロフィール、IGTVの単体アプリから見つけており、Instagramのメイン画面右上にあるIGTVボタンをタップする人はほとんどいなかった。われわれはInstagramをできるだけシンプルにするよう心がけているので、このボタンを削除することにした」と語った。

 IGTVはInstagramが2018年6月に公開した、1時間までの動画を投稿・視聴できるモバイルアプリ。公開と同時にInstagramのメインページにIGTVボタンが表示されるようになった。

 Instagramでも動画は投稿できるが、現在は最長60秒だ。IGTVはそれ以上の長さの動画を投稿するのに使われている。また、IGTVの動画はランドスケープに対応している。

 動画アプリとして人気の「TikTok」の動画の長さは基本的に最長15秒、「Snapchat」は10秒(いずれもより長い動画を投稿する方法もある)だ。

ITmedia NEWS

最終更新:1/20(月) 7:22
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ