ここから本文です

オリックス・ドラ3村西 寝る子は育つ!日課の昼寝継続で70試合登板だ

1/20(月) 7:30配信

デイリースポーツ

 オリックスのドラフト3位・村西良太投手(22)=近大=が19日、大阪市此花区のオセアンBSで行われた新人合同自主トレに参加。初めてブルペン入りし、捕手を立たせたまま30球を投げた。

【写真】オリックス 今季は“伝説ユニ”が復活

 中日・又吉を参考にしたというスリークオーターとサイドの間という変則フォームから繰り出される直球はキレを感じさせた。平井投手コーチは「体全体を使ってバランスよく投げている。キレで勝負するタイプでしょう」と印象を語った。

 すでに1軍キャンプは内定。起用法は未定だが、本人の希望はリリーフという。「シーズンの半分くらい投げたい。70試合以上?そうです。大学でも毎日投げていたので」とあっさりと答えた。過去の新人最多登板は2012年にロッテ・益田が記録した72試合。これに迫るつもりだ。

 大学3年から毎日4時間の昼寝が日課。休養を取るとトレーニングの効果がアップし、球速はMAX152キロまで上がったという。現在も続ける昼寝で70試合登板を実現してみせる。

最終更新:1/20(月) 7:58
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事