ここから本文です

<亀梨和也>事故物件に住む芸人役でホラー初出演 松原タニシの話題作を映画化

1/21(火) 6:00配信

MANTANWEB

 “事故物件住みます芸人”として活動する松原タニシさんの実体験による著書「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房)が映画化されることになり、人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演を務めることが1月21日、分かった。亀梨さんが映画で主演を務めるのは5作品目で、ホラー初出演となる。「リング」「スマホを落としただけなのに」などで知られるホラー映画の巨匠・中田秀夫監督がメガホンをとる。亀梨さんは、「Jホラーを代表する中田監督とも初めてご一緒させていただきますが、撮影現場の雰囲気も今からとても楽しみです」とコメントしている。映画のタイトルは「事故物件 恐い間取り」(仮)で、8月28日公開。

【写真特集】亀梨和也が演じる“事故物件住みます芸人”松原タニシ

 原作者の松原さんは、2012年からテレビ番組「北野誠のおまえら行くな。」(エンタメ~テレ)の企画で事故物件に住み始め、その後も、大阪、千葉、東京、沖縄で実際に9軒の事故物件に住んできた。著書では、「ペンキで塗りつぶされた鏡」「帰宅すると勝手に空いている襖」など、間取り付きで実際に起きた怪奇現象を紹介しており、ノンフィクションとしては異例の10万部を突破。「恐すぎて部屋に入れない」などと話題を集めている。

 映画は、松原さんの実話をベースに、売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨さん)が先輩から「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」とむちゃぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むところからスタート。1軒目の部屋で撮影された映像の中には、白いものが映っていたり、音声が乱れたり……。番組からの期待も高まる中、ネタ欲しさに事故物件を転々としていくヤマメは、やがてさまざまな怪奇現象に遭遇し、「事故物件住みます芸人」として大ブレークするが……というストーリー。実際に松原さんが体験した怪奇現象をリアルに再現するという。1月下旬にクランクインし、2月末ごろにクランクアップの予定。

 亀梨さん、松原さん、中田監督のコメントは以下の通り。

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 6:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ