ここから本文です

富山でマルシェサミット 県内マルシェの見本市

1/20(月) 12:27配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 マルシェの見本市「とやまマルシェサミット」が1月26日、JR富山駅構内、新幹線中央改札前広場で開催される。(富山経済新聞)

イベントのチラシ

 県内で開催されている「マルシェ」の主催者が一堂に集まり、各マルシェの特徴や開催内容などをPRするイベント。実行委員は、各マルシェ「うちかわホリデーマーケット」「越中大手市場」「くろまる」の主催者が務める。

 近年富山県内では、アイデアあふれる「マルシェ」と呼ばれるマーケットイベントが多数開催されており、地場の情報や人を発信する良い機会となっている。とやまマルシェサミットは、継続に向けた取り組みとしての「マルシェ」をまちづくりや県内における地域作りの仕組みと位置付け、その必要性を広く発信することを目的としている。

 当日は、県内で開催するマルシェの特徴や開催内容などを披露する見本市と主催者インタビュー、「ステーションミニマルシェ」と名付けたデモンストレーションマルシェが行われる。出店は、普段県内のマルシェに出店している「HIMAYA」「地場もん屋」「minami茶」「ハーベスト」「白と黒」「turtle vally toys」「imato」「富山椅子貼工房」「青二菜農園」「teddy's areating」ほかを予定する。13時より「マルシェは地域を変える!?」をテーマに、「マーケットがまちを変える」の著者・鈴木美央さんによる講演会も行う。

 運営スタッフの沼尻美帆さんは「県内のマルシェが一堂に集まる機会。マルシェ主催者や普段出店している方はもちろん、マルシェの運営に興味のある方や出店してみたいという方など、多くの人に来てほしい」と話す。

 開催時間は11時~16時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:1/20(月) 12:27
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事